*

ジビーフを食べる会 in 遊山YUZAN

IMG_9430

IMG_9429

昨夜は、大阪南船場の遊山(YUZAN)さんにて『ジビーフを食べる会』が開催されました。遊山さんは一応は焼肉屋さんなのですが、ただの焼肉屋じゃないというのは来店経験のある方ならお分かり頂けるかと。店主の安田さんは、気になる食材があれば北海道でも沖縄でも、とにかくじっとしていられない性格で、ジビーフが生息(笑)する北海道様似へも今年の6月に訪れています。

11987175_957877067605125_4261812542673541913_n

実際にジビーフの育つ環境を見れば、いったいどのような肉質をしているのか料理人魂がわいて当然なのですが、なかなかどうして、ジビーフはそんなに優しい牛ではないのです。とにかく手強い。野山を駆け回っているジビーフの肉は硬くて水分量もかなり多いのです。使い手はどこに価値を見出すか、それをどう料理してどう伝えるのか、このあたりをみなさん苦労されるのですが、はたして安田さんはどのような方法でジビーフを手なずけてくれたのでしょうか。

IMG_9450

◎香草マリネしたカイノミとマルシン、 センマイとハート、近江八幡岡部さんの野菜を シャルドネビネガーとオリーブオイルのソースで。

数名でシェアするのかなと思いきや、1人1皿でした。1品めで安田さんの気合が伝わりました。この時点で、安田さんの勝ちですね。勝ち負けじゃないんですが正直、いい意味で期待を裏切っていただきましたし、ジビーフの力強さや優しさをうまく引き出してくれた料理が最後まで続いたのでした。安田さん、やってくれたなという感じです。

IMG_9452

◎前菜盛り合わせ

・マルカワ、マルシン、トモバラと
フォアグラ、マッシュルームのパテ

・テールとアキレスの煮こごり

・フランク(外バラ)と梨、コリンキのエスカベッシュ

・牛スジのスープ

IMG_9467

ここからは本領発揮の焼肉です。

◎ヒウチ(香草オイル、塩で味付け)
◎マルカワ(ロースダレで味付け)

IMG_9468

◎サガリ、カメノコ(天然醸造1年熟成の味噌に一晩漬けたもの)

IMG_9478

◎ミノ(香草オイル、塩で味付け )

IMG_9483

◎赤センマイ

IMG_9480

◎ハート角切り
(天然醸造のホルモンダレ)

IMG_9485

◎カメノコのビーフジャーキーで箸休めしている間に、メインが焼きあがってきました。

IMG_9458

◎ジビーフのTボーンです。

IMG_9466

店外で煙まみれで分厚いTボーンを焼く安田さん。とにかく楽しそうでした。安田さんが発する言葉からは愛を感じ、どうにかしておいしくしてやろうという料理人の心意気を感じたのでした。この日一番楽しかったのは、安田さんじゃないかな。

IMG_9475

IMG_9477

IMG_9486

締めはジビーフの端材を使ったカレー

12141598_521490161350741_7301455360727629953_n

この日のためだけに来阪したジビーフの生産者、西川奈緒子さんも大満足。

牛と飼い主の相性は大切。でも、牛とお肉屋さん、牛とシェフ、牛とお客さま、の相性がとても大事なのがジビーフ!そんな風にしみじみ感じた素敵な夜でした。出会うべくして出会えた皆さまからいただいた、抱えきれないほどの色んな形の沢山の愛。この愛をひとつ残らず持ち帰って、じっくりと反芻しながら、また一歩二歩とジビーフと共に前進します。

とのことでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛を訪ねて様似へ

完全放牧野生牛は、すでにきたやま南山、レストラン愛と胃袋、イルジョットで料理していただき味は

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

すばらしい人たちに支えられて、ありがたきかなジビーフたち。

ジビーフの生産者、西川奈緒子さんのSNSの投稿から↓ 大雨警報

記事を読む

肉質は餌の影響が大きく、ストレスは環境によって変化し、これって人間と同じことですね

今朝はジビーフに愛農ナチュラルポークに、平かしわに先日のセリで落札した近江牛にと、バタバタと

記事を読む

目利きは肉そのものよりも生産者の人柄優先

ブラインドで味覚テストでもすれば、マグロと間違うんじゃないかと思うぐらい滑らかな赤身肉です。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
食材を語り料理を語り酒を語ることもおいしさの一部だと思うのです

愛農ナチュラルポークのロースト(銀座レカン/高良シェフ)と三重

先達から学ぶ仕事への向き合い方と姿勢

弥助の大将が握る寿司を食べたいがために金沢へ行ったことは1度や

たかが餃子、されど餃子。プロの手仕事に驚きと感動の連続で新年幕開け

たかが餃子、されど餃子。ここまで真剣に餃子を食べることになると

→もっと見る

  • 2017年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031