*

「 ジビーフ(完全放牧野生牛) 」 一覧

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕からアプローチすることはないので、おそらく問い合わせいただいたかどなたかのご紹介だと思うのです。僕がお店を訪ねたときはオープンには程遠

続きを見る

ジビーフ「あつし」のカイノミを食べる

1月11日にと畜した24ヶ月令去勢の『あつし』。生産者の奈緒子さんは月齢が若いので肉にするには早すぎるとの見方だった。実際に枝重は272kg、皮下脂肪は0.2cmと黒毛和牛の半分程度。誇れるの

続きを見る

今年最初の有機JAS認定牛 ジビーフ「あつし」入荷

先日食事に伺った某店の大将、御年72歳。たった一人で仕入れから料理まですべてこなしている。しかもランチ営業もしているとのこと。1962年に京都のたん熊へ入ったというから僕は1歳だ。背筋もピンと

続きを見る

ジビーフ「次郎」入荷しました

日本が世界に誇る和牛。和牛の交雑種が世界中で作られているWagyu。ややこしいのでひっくるめて和GYUでいいんじゃないかと、、まぁこれは冗談だが、和牛に関わる人たちの考え方というか持論というか

続きを見る

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身賞」を受賞した太郎がやってきた。これからじっくり休ませてから手当てしていきます。しかし赤身賞って、、

続きを見る

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
東海大学産あか牛の内臓がめちゃくちゃきれい

熊本東海大学で生まれ育ったあか牛が2/13屠畜され肉になった。

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕から

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728