*

ジビーフ種牛タッキーの内臓販売スタート

公開日: : 2020/03/24 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフ種牛タッキーの内臓
久しぶりに内臓の洗いから処理まで、じっくり時間をかけて丁寧により丁寧に行った。ジビーフの種牛タッキー(85ヶ月令)の内臓。19歳で食肉業界に入り、いろんな内臓を見て触って処理してきましたが、これほど立派な内臓は見たことがありません(大袈裟じゃないです)

当初は15セットのみ販売するつもりでいましたが、3日がかりで洗ってカットしているといろんな顔が浮かんだ。知人の顔、シェフの顔、もちろん奈緒子さんの顔。いままで出荷してきたほとんどがタッキーの子供たち。これからもあと何十頭かはタッキーの子供だろう。そう思うとなんともいえない気持ちになってきて、内臓すべて販売したほうがいいんじゃないかと。なのでレバー以外(レバーは廃棄になりました)のすべての内臓を販売させていただくことにしました。

正直、めちゃくちゃ手間でした。洗いからカット、袋詰めまで僕一人でやりましたから3日もかかってしまったのです。試食は若い子たちとやりましたが、とにかく硬い。脂がないので余計に硬い。健康な内臓ってこうも硬いのかと思うくらい硬い。

和牛の柔らかい内臓(特に腸)を食べ慣れている人は、真逆の牛なので顎が疲れると思います。よく煮込めばある程度は柔らかくなると思いますが、硬いのを承知でご購入ください。

邪魔くさいついでにすべての部位を100gづつ真空包装して冷凍にしました。最初で最後(当たり前か)のジビーフ種牛タッキーの内臓、よろしければぜぎお付き合いください。内臓の次元が違います。

※より自然に近く、牛が本能のまま自由に、ストレスはあえていうなら自然界で共存する虫や動物たちの存在かも知れない。若い子らと試食しながら「硬い!硬い!」を連呼。「でも旨いなぁ」と笑いながら今日も楽しく明日もきっと楽しい。ジビーフの気持ちなんてわからないけど、毎日楽しかったに違いない。

こちらから(

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

有機JAS認定後、ジビーフはどう変わったのか?

肉そのものは何も変わらず、取り巻く環境も変わることなく、もちろん生産者の西川奈緒子さんもいつ

記事を読む

ジビーフ入荷…今回も安定の格付けC1です

ジビーフが入荷してきました。安定のC1です。脂がないのでふにゃふにゃです。現地の問屋さんに加

記事を読む

今年2回目の訪問となるジビーフの里は晴天にも恵まれ汗ばむ陽気に時間を忘れてのんびりさせてもらったのでした

土肌が見えているところはジビーフたちが歩いてつけた、いわばジビーフ道です。200haの放牧地

記事を読む

ジビーフ『ロクスケ』格付けB1のすばらしい肉質です

ジビーフ『ロクスケ』トラックに揺られて入荷してきました。北海道様似新富で育つジビーフたち。人

記事を読む

ジビーフ『ババくん』入荷してきました

昨日はジビーフ『ババくん』の入荷を見届けてから、山下シェフ×MIIKU代表宮川順子先生のコラ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31