*

ジビーフ種牛タッキーの内臓販売スタート

公開日: : 2020/03/24 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフ種牛タッキーの内臓
久しぶりに内臓の洗いから処理まで、じっくり時間をかけて丁寧により丁寧に行った。ジビーフの種牛タッキー(85ヶ月令)の内臓。19歳で食肉業界に入り、いろんな内臓を見て触って処理してきましたが、これほど立派な内臓は見たことがありません(大袈裟じゃないです)

当初は15セットのみ販売するつもりでいましたが、3日がかりで洗ってカットしているといろんな顔が浮かんだ。知人の顔、シェフの顔、もちろん奈緒子さんの顔。いままで出荷してきたほとんどがタッキーの子供たち。これからもあと何十頭かはタッキーの子供だろう。そう思うとなんともいえない気持ちになってきて、内臓すべて販売したほうがいいんじゃないかと。なのでレバー以外(レバーは廃棄になりました)のすべての内臓を販売させていただくことにしました。

正直、めちゃくちゃ手間でした。洗いからカット、袋詰めまで僕一人でやりましたから3日もかかってしまったのです。試食は若い子たちとやりましたが、とにかく硬い。脂がないので余計に硬い。健康な内臓ってこうも硬いのかと思うくらい硬い。

和牛の柔らかい内臓(特に腸)を食べ慣れている人は、真逆の牛なので顎が疲れると思います。よく煮込めばある程度は柔らかくなると思いますが、硬いのを承知でご購入ください。

邪魔くさいついでにすべての部位を100gづつ真空包装して冷凍にしました。最初で最後(当たり前か)のジビーフ種牛タッキーの内臓、よろしければぜぎお付き合いください。内臓の次元が違います。

※より自然に近く、牛が本能のまま自由に、ストレスはあえていうなら自然界で共存する虫や動物たちの存在かも知れない。若い子らと試食しながら「硬い!硬い!」を連呼。「でも旨いなぁ」と笑いながら今日も楽しく明日もきっと楽しい。ジビーフの気持ちなんてわからないけど、毎日楽しかったに違いない。

こちらから(

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフがJAS有機畜産認定となりました

ジビーフがJAS有機畜産認定されました。もともとはいろんな方から推薦を受けてのことだったので

記事を読む

やっぱりここに居たか!

完全放牧野生牛(ジビーフ)の生産者、西川奈緒子さんから今日もジビーフ便りが届きました。しかし

記事を読む

ジビーフは水分量をコントロールすることでかなりおいしくなってくれるのです

今回入荷のジビーフ『ヤックン』はいつもより水分量が少なかった。なので長期の吊るしではなく、1

記事を読む

肉Meets × モルドヴァン・ヴィクトル in ファームレストラン・ヴィーズ

ジビーフ(完全放牧野生牛)を使っていただいているシェフのみなさんにどうしてもホンモノを見てほ

記事を読む

もっと突き詰めた仕事をしたいと考えに考えた結果の移転なのです

なかひがしさんでジビーフ、もとい、野牛十兵衛でした。おいしいとか感動したとかではなく、しみじ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年5月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031