*

DUMASの肉会はすばらしかった!そして、ジビーフと愛農ナチュラルポークの入荷情報

IMG_8954

愛農ナチュラルポークのウデ肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ

中之島ダイビルのDUMASで開催された肉会は、デザート入れて9品という豪華版でした。私がこの日のために用意させていただいた牛肉は、骨付きランイチの30日枯らしです。赤身の強いランプと少しサシが入ったイチボを船岡シェフがどのように料理してくれるのか、かなり楽しみです。

1ヵ月前に打ち合わせをしたときに、通常営業ではヒレしか使わないとのことだったので、あえて少し歯ごたえのあるランイチを選ばせていただきました。

IMG_6488

一皿づつに合わせるお酒はこんな感じ。日本酒ありハイボールありで、これはこれでかなりテンションがあがりました。シェフが滋賀県出身ということもあり、日本酒は浪の音。

写真をほとんど撮らなかったのですが、1皿づつにストーリーがあり、ランプとイチボの使い方も特徴をいかしながら繊細な料理の数々にこの日の参加者は大満足でした。

さて、牛肉の相場が異常とも思える価格上昇を続けています。そろそろ落ち着くだろうと言われ続けて3~4年たっています。落ち着くどころか格付け関係なく上がり続け、小売りも卸売も価格の見直しを余儀なくされています。これまで最高級とされてきたA5等級と赤身が多いA2等級の価格差が縮まりつつあります。

赤身を求める消費者が増えたのが主たる原因ではなく、和牛の子牛不足により全体的に値上がりしている感じです。和牛は子牛から飼育して結果がでるまで3年近くかかります。生産者が一番恐れているのは、高い子牛を買って3年後に相場が下落した場合です。こればかりはなんとも言えませんが、恐らく4~5年はいまの相場が続くように感じていますし、10年くらいは続くかも知れないとの見方もあります。そうなれば、むかしのように牛肉はハレの日のご馳走としてお盆や正月にしかお目にかかれなくなるかもしれません。

【入荷情報】

5月23日(土)ジビーフが入荷しました。赤身が強く水分多めです。少し冷蔵庫で休ませながら水分がある程度抜けた時点で販売したいと思います。

8月25日(火)愛農ナチュラルポーク1頭入荷があります。こちらは予約で完売しております。9月1日から毎週火曜日に1~2頭の入荷あり。これから年末に向けて出荷できる頭数も多めに確保できそうなので一般販売もしていきたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

理想の牛肉を求めて〜日本農業の未来を語ろう〜駒谷信幸氏×西川奈緒子氏×新保吉伸氏×イルジョット高橋シェフ

ジビーフと農業の話しかと思いきや、人としてどうあるべきか、食に対してどう向き合うべきか、いろ

記事を読む

ジビーフ『ババくん』結果は格付けB1となり少しだけ見た目の評価があがりました

金曜日に屠畜されたジビーフ『ババくん』。格付けは少しランクアップしてB1です(笑)牛肉の相場

記事を読む

林家木久蔵×新保吉伸×メログラーノで一日限定ハンバーガー100個おかげさまで無事盛況にうちに終了しました

ブラウンスイス牛のスネ、ネック、ソトヒラ、ブリスケを水分調整して9.6㎜で挽く。肉汁はでない

記事を読む

感動と感謝のポークバトルロワイヤル

知人(徳島県在住)が、愛農ナチュラルポークの取り組みに共感して、徳島でイベントをやりたいと申

記事を読む

エシカルな牛肉とは!「牛肉の理想と現実、これからの牛肉について」

西川奈緒子さんの講演は当初きたやま南山のスタッフ向けだったのですが、せっかくなのでと楠本貞愛

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31