*

DUMASの肉会はすばらしかった!そして、ジビーフと愛農ナチュラルポークの入荷情報

IMG_8954

愛農ナチュラルポークのウデ肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ

中之島ダイビルのDUMASで開催された肉会は、デザート入れて9品という豪華版でした。私がこの日のために用意させていただいた牛肉は、骨付きランイチの30日枯らしです。赤身の強いランプと少しサシが入ったイチボを船岡シェフがどのように料理してくれるのか、かなり楽しみです。

1ヵ月前に打ち合わせをしたときに、通常営業ではヒレしか使わないとのことだったので、あえて少し歯ごたえのあるランイチを選ばせていただきました。

IMG_6488

一皿づつに合わせるお酒はこんな感じ。日本酒ありハイボールありで、これはこれでかなりテンションがあがりました。シェフが滋賀県出身ということもあり、日本酒は浪の音。

写真をほとんど撮らなかったのですが、1皿づつにストーリーがあり、ランプとイチボの使い方も特徴をいかしながら繊細な料理の数々にこの日の参加者は大満足でした。

さて、牛肉の相場が異常とも思える価格上昇を続けています。そろそろ落ち着くだろうと言われ続けて3~4年たっています。落ち着くどころか格付け関係なく上がり続け、小売りも卸売も価格の見直しを余儀なくされています。これまで最高級とされてきたA5等級と赤身が多いA2等級の価格差が縮まりつつあります。

赤身を求める消費者が増えたのが主たる原因ではなく、和牛の子牛不足により全体的に値上がりしている感じです。和牛は子牛から飼育して結果がでるまで3年近くかかります。生産者が一番恐れているのは、高い子牛を買って3年後に相場が下落した場合です。こればかりはなんとも言えませんが、恐らく4~5年はいまの相場が続くように感じていますし、10年くらいは続くかも知れないとの見方もあります。そうなれば、むかしのように牛肉はハレの日のご馳走としてお盆や正月にしかお目にかかれなくなるかもしれません。

【入荷情報】

5月23日(土)ジビーフが入荷しました。赤身が強く水分多めです。少し冷蔵庫で休ませながら水分がある程度抜けた時点で販売したいと思います。

8月25日(火)愛農ナチュラルポーク1頭入荷があります。こちらは予約で完売しております。9月1日から毎週火曜日に1~2頭の入荷あり。これから年末に向けて出荷できる頭数も多めに確保できそうなので一般販売もしていきたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よみがえりのレシピ上映会は7月24日きたやま南山にて

アルケッチャーノの奥田シェフが山形の庄内平野で巻き起こした奇跡がすばらしい映画になりました。

記事を読む

有機JAS認定後、ジビーフはどう変わったのか?

肉そのものは何も変わらず、取り巻く環境も変わることなく、もちろん生産者の西川奈緒子さんもいつ

記事を読む

函館から6時間のドライブ、ジビーフを訪ねて様似へ

函館から車で6時間・・・もはや日本じゃない(笑) 数か月前、際コーポレーション

記事を読む

肉Meets in Collaboration×6

Le14e@茂野シェフ(フレンチ)、IL DENTE DI LEONE@関シェフ(イ

記事を読む

2月23日は「赤身肉と旬野菜とビオワインの魅力を味わう食事会」

雪の中でしっかり大地を踏みしめて完全放牧野生牛が育っています。表現的には生きているといったほ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30