*

牛肉に旬はあるのか?ジビーフのウチヒラを捌く

公開日: : 2015/10/05 ジビーフ(完全放牧野生牛)

IMG_9386

和食の料理人さんとお話ししていると「走り・旬・名残」という言葉がよくでてきます。自然の素材の変化を表現した言葉ですが、では、牛にも“旬”はあるのか?

頻繁に、というほどではありませんが過去に何度か質問されたことがあります。実際に毎日のように肉を触っていて特に感じることはありません。ただ、一般論ですが牛は体の中に熱を生み出す発酵タンクを持っているので冬の寒さには強いのですが、夏の暑さには弱いのです。ですから夏場の暑さ対策にはみなさん苦労させられるのです。扇風機をブンブン回したりミストを設置したり、人間と同じように牛も夏バテして食欲がなくなることがあります。そうなると太らないので肉も痩せ細っておいしくないというわけです。

一方、冬の寒さには強いので皮下脂肪もついて味が濃くおいしくなると言われています。ただ、これらはあくまでも一般論であり、私はいままで意識したこともなければあまり感じることもありませんでした。もちろん何も感じないということはありませんよ。でも、夏場は水をよく飲むのでの水分量がとょっとおおいなぁと思う程度です。実際はどうなんでしょう、四季による変化というより個体差によるところが大きいのでないかと思うのですが・・・

ただ、ただですよ、一年中放牧で過ごしているジビーフに関しては、もしかすれば“旬”があるのかも知れません。それは私がジビーフの里に何度も行ってるからこそ感じたことです。悲しいかな出荷頭数が少ないのでそこまでのデータがないのですが、これからしっかり検証していきたいと思っています。

ジビーフではなく『ジビエ』はこれからがシーズンとなります。夏は冬眠あけなので脂肪分も少なく、どちらかといえば秋から冬にかけて脂肪が乗る時期に食べるジビエがおいしいと言われています。

そんなことを考えると、もしかすれば完全放牧のジビーフには旬があるのかも知れません。これから出荷頭数も増えて来るので楽しみです。

写真は、本日捌いたばかりのジビーフのウチヒラです。思ったほど肉も硬くなくやさしい味わいでした。今回は一般販売はありませんが、東京や京都など手ぐすね引いて待ち構えているシェフのみなさんへ届けたいと思います。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

消費者の嗜好は霜降りから赤身肉へ

「脱霜降り」を目指した飼育を始めて10年くらいたったかな。順風満歩(帆)なわけではなくいまも

記事を読む

ジビーフ『ババくん』結果は格付けB1となり少しだけ見た目の評価があがりました

金曜日に屠畜されたジビーフ『ババくん』。格付けは少しランクアップしてB1です(笑)牛肉の相場

記事を読む

ジビーフ『ヤックン(No 8189)』は3年前の出荷時に逃げ出したお母さん牛の子供だった

牛は群れで行動するので出荷のときは全員移動で大変なのです。 2

記事を読む

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という言葉は好きじゃないのですが)す

記事を読む

ジビーフが入荷、さっそく販売スタートさせていただきました

テレビや新聞で報道されてから問い合わせが殺到していたジビーフですが、33頭しかいないので大量

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930