*

もっと突き詰めた仕事をしたいと考えに考えた結果の移転なのです

なかひがしさんでジビーフ、もとい、野牛十兵衛でした。おいしいとか感動したとかではなく、しみじみと「あぁー、この人に使ってもらえてよかった」と牛に成り代わりお礼を申し上げたい気持ちです。ワインのインポーターさんから、「私たちは生産者の代弁者ですから・・」というような話しを聞きますが、このフレーズはものすごく共感します。肉をおいしくすることが仕事なら想いを伝えることは役割だと思うのです。だから、普段は無口な料理人だって食材を語らせると雄弁な方もいますし、普段は牛としか会話しない生産者だってたまにお客さんが訪ねてくると堰を切ったようにしゃべる方もいます。きっとそれが仕事に対する向き合い方であり誇りなんじゃないかな、と思ったりするのです。

だからこそ「だれに使ってもらうのか」ということを私は重要視していますし、そこに一生懸命でありたいと思っています。かと言ってビジネスやってるわけですからたくさん売らなければ給料も払えませんしボーナスだって出せません、なによりも会社を継続しなければ次の牛も仕入れることができませんから実際は悩ましい問題がたくさんあるんです。しかも、多売できるような牛肉を扱っているわけではないので儲かる商売とは程遠い位置にいるように感じています。だからといってナショナルブランドを仕入れてだれかれと販売するようなことには興味もないし、じゃー、どうすればいいのかってことになるのですが・・・そんなことも含めてもっとやりたいことができる環境を作ればいいんじゃないかということで、あと2ヶ月ちょっとで移転です。

予想以上にお金がかかって驚いていますが、もうね、数字を見ないことにしているんです。見るとびびってしまうのでどうにかなるだろう的にある意味バカにならないと大きな事業はできないですね。周りはひやひやしていますが、みんながバカだと大変なのでちょうどバランスがとれていていいんじゃないかと楽観視しています。オープン日も9/21に決まりました。店舗が広くなるのでスタッフも募集しなければいけないのですが、ブログやホームページ経由でぼちぼち応募もいただいております。まだまだ募集中です。特にレストランのサービス、ワインに興味のある方、もちろんお肉が好きな方、お待ちしております(

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛(ジビーフ)再販しました

藤井牧場さんのお母さん牛(154ヶ月齢の経産牛)、3月27日に屠畜して、ロースのみドライエー

記事を読む

肉Meets OF 2014 1st IN Restaurant 愛と胃袋

今年初の肉Meetsは「完全放牧野生牛」の内臓料理を味わおうと全国から三軒茶屋のRestau

記事を読む

ジビーフの有機JAS認証を寿ぐ会~セジール×南山

南山さんにて開催された「ジビーフの有機JAS認証を寿ぐ会」は全国から約50名の方々が参加して

記事を読む

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上げていきます。シェフの好みに合

記事を読む

ジビーフ入荷!12歳の経産牛とは思えないすばらしい肉質にうっとり

今年最後のジビーフが入荷してきました。12歳の雌牛ですがいわゆる経産でして肉色は濃く

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28