*

木下さんと新しい取り組みがはじまります。ご期待ください!

公開日: : 2015/10/10 商品, 雑記

148-50-6

 

これ4年前の写真です。姿形はあまり変わっていないのですが事業内容は随分と変わりました。もちろん大きな軸はブレていないのですが、ジビーフや愛農ナチュラルポークなど、和牛で育った私からは程遠いジャンルにチャレンジさせていただいております。こういうことを「試されている」とか「試練」とか表現する人がいますが、好きでやっているのに試練もなにもないと思っています。

10年前になるかな、木下さんに赤身の肉を作りたいと話を持ちかけたとき、「サシを入れるやり方は勉強してきたけど赤身にするやり方は難しいなぁー」と随分と悩まれたものです。どのような肉になっても言値で引き取るからと無理やり納得させて取り組みが始まったのですが、それが近江プレミアム牛です。GQ JAPANのweb版で紹介されていますのでよろしければご覧ください(

さて、なぜ自分の写真をアップしたかと言いますと、たいした意味はないのですが本日10月10日が誕生日でしてSNSやらメールやらでたくさんのメッセージをいただいておりまして恐縮しております。あまり派手なことは好きではありませんので、今夜は外出せずにテレビでもみて過ごすつもりです。

節目にこれからの展望みたいなものを書き記しておこうかとイケテナイ写真をアップした次第です。私の軸はあくまでも和牛であり近江牛です。ただ、ここ最近特に思うことは、近江牛がおいしいとか〇〇牛がおいしいとか、いわゆる銘柄ありきの声を聞くことが少なくなってきたように感じています。それよりも生産者や販売者の名指し(指名買い)が目立ってきているように思われます。今後は益々こういった流れになっていくでしょうね。

まだ公表はできないのですが、近江プレミアム牛から10年、さらなるチャレンジとして木下さんと新しい取り組みをスタートします。いままでと違うところは、私たちの輪に料理人のみなさんが加わることです。私とご縁ある料理人のみなさまには随時お声がけさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

ということで少し宣伝。本日仕上がりました。

☆愛農ナチュラルポークで作ったボンレスハム(

☆乳飲み仔牛の白いソーセージ(

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スペシャルな近江牛ハラミは完売いたしました

クリスマスが終われば肉屋にとって一年でいちばん忙しい6日間がはじまる。ここで無理をするかしな

記事を読む

16産の「きこ2」は硬くておいしかった

お盆期間中は、1年でベスト3に入る繁忙期なわけですが友人知人の動向をFacebookでみると

記事を読む

和牛はやっぱりすばらしい

国が違えば、牛の品種や育て方が違い、肉の味の個性もさまざまだ。 1泊2日という強行日程

記事を読む

サシは牛の個性という考え方

野菜は食べないんですか?... とよく聞かれますが、ちゃんと食べてますよ。どちらかといえば魚

記事を読む

だれが育てた肉なのか

当店の仕入れは、セリか相対(農家さんと直接取引)を基本としているのですが、付き合いとして問屋

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28