*

足寄の石田めん羊牧場さんを訪ねて

公開日: : 2014/09/30 牧場・生産者

DSC_3779

足寄の石田めん羊牧場さんへお邪魔しました。羊たちは15haの広々とした土地で放牧されていました。大自然に囲まれた生活はうらやましい反面、大変さと儲からないだろうなぁという現実面、光と影を見たような思いでした。それは石田さんのお話しからも察することができ、私なんかとうてい真似できないことにチャレンジされている姿に感銘を受けた次第です。

O

羊飼いの将来性について、石田さんは儲かるかどうかではなく、どういう事ができるかだとおっしゃっていました。すごいね、こういうことをさらっと言えるってことが。ちなみに奥様は滋賀県の出身で北の大地で同郷人と出会う嬉しさは格別です。

O

いま出荷してもらえる羊はいますか?

私の問いかけに石田さんは、「出荷しようと思えばできるのですが、私の好きな味じゃないのであと少し待ってもらえませんか」とのこと。私はこういうタイプの人好きなんです(笑)

O

石田さんは、平成25年に足寄で育ったラムを足寄の人にこそ食べて欲しいとレストラン「ひつじ堂」をオープンしました。道外への出荷が多く地元の方々の口には入る機会が少なかったことがレストラン開業の理由だったそうです。帰り際に立ち寄ったのですが、実際に牧場を訪ねた後だったのでその味は胸に染みいるおいしさでした。

DSC_3798

石田さんが、自分が食べる用に豚を飼っているというので帰り間際に見せていただきました。放牧させているので筋骨隆々といった感じです。ここ最近、豚にものすごく興味があるのでただただ羨ましいというか私も飼ってみたい衝動にかられまくりで牧場を後にしたのでした。

O

O

 「ひつじ堂」に石田さんの豚肉がメニューに載っていたので注文してみました。これほど硬い豚肉を食べたのは初めてです。硬いといっても噛みきれない硬さではなく筋肉を食べている感じで旨みが凝縮していてかなりおいしかったです。

尚、石田さんの羊は11月頃入荷予定です(たぶん)

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ(骨を外すこと。骨を抜くともい

記事を読む

和牛のおいしさは、味・香り・食感の3つで決まる

和牛には甘くて脂っぽい香りがある。 これを「和牛香」と呼んでいるのだが、 牛肉の美味

記事を読む

藤井牧場さんから16歳のお母さん牛

肉塾の滋賀研修で藤井牧場さんへ行ったときに出荷前のお母さん牛に出会った。なんと16歳だ。藤井

記事を読む

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

淡海酢粕を食べて育った木下牧場の近江牛

滋賀県の北西、高島市に酒を原料に静地発酵で天然醸造酢を製造販売している 淡海酢有限会社とい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
育てる

サカエヤの採用は23歳まで。最低でも3年は働くことを条件にしています。

シェフの好みに合わせた牛肉

シェフとやり取りしながら肉を手当てしていくのですが、毎回悩みま

イルジョットであか牛セミナー&食事会

イチボの冷製パスタ 自然

→もっと見る

  • 2020年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930