*

シチロウの肉、熟成具合もバッチリで当日はかなり期待できますよ

公開日: : 2013/04/19 イベント

35451_479954648736893_1420147086_n

いよいよ来週に迫った、『放牧の種オス牛「シチロウ」を食す会』
18:45分から公開捌き(脱骨作業)の予定で調理場との調整も進めていたのだが、ここにきて想定外の出来事が起こってしまった。

熟成庫に入れて今日で46日目、50日をメドにドライエージングさせているので25日のイベント開催日にはうまく菌がついてくれてキレイなカビがロース断面を覆う予定だった。

以前、短角牛をドライエージングさせたときは、30日でまったく菌がつかず、ならばと40日に引き上げたところ、これでも菌がつかなかった経験から、シチロウの肉は50日に設定したのだ。

肉質からおそらく大丈夫だろうと予測はしていたのだが、本日熟成庫から出してみたところ、熟成が進みすぎているではないか。

IMG_6963

菌もうまく付いておりカビも確認できるのだが、熟成香が強すぎる。いままでにない強さでこのままあと6日間熟成庫に入れ続ければ、おそらくヒレが耐え切れずに腐ってしまう可能性がある。ロースもトリミングする箇所が増えて参加者全員にシチロウを振る舞えなくなるかも知れない。ということで、急遽、脱骨作業を早めることにした。当日、楽しみにしていたみなさま、このような事情のため申し訳ございません。

シチロウはロース&ヒレ(骨付き)で17.3kgあったのだが、骨を抜いた後は11.3kg(内ヒレが2.3kg、ロース9.0kg)だった。ここから脂や筋を取り除いて、さらに変色した部分をトリミングすると5.0kg程度になると思われる。

イベントでは、牧草焼きと焼肉でメニューを考えていたのだが、どうやら牧草焼きのみになりそうだ。もちろん、他の料理もあるので参加者をガッカリさせることはない。むしろ喜んでもらえるメニューをまだまだブラッシュアップして当日に備えたい。

リブとサーロインを切り分けると真っ赤な肉があらわれた。自然界で草食で育ったシチロウらしい肉質だ。骨は意外と抜きやすくて作業的には経産牛より楽だった。ただ、肉と骨の間にある骨肌がまったくなく、よほどキレる包丁でないと骨に身が付きすぎて歩留りが悪くなる。脱骨作業をしていても、まるでシチロウが抵抗しているようだった。

IMG_6973

右奥がヒレだが、ロースと比べるとかなり色が濃く、25日まではおそらくもたないだろう。この状態でウェットエージングに切り替えて当日まで冷蔵庫で保管することにした。

さて、問題は味だ。柔らかさはうまく菌がついてくれたので、そこそこ柔らかくなっていた。食べたわけではないが、肉を触るだけで硬い柔らかいは瞬時に分かる。これは経験があればある程度わかることで、肉の職人は指が探知機のような役割をしている。香は独特の甘いナッツ香を確認することができたので、熟成肉としては完成度が高いといえる。

もう少し席がご用意できるようなので、時間の都合がつく方はぜひご参加お待ちしています。

過去記事(→クリック

放牧の種オス牛「シチロウ」を食す会
日時:2013年4月25日(木)
時間:19:00~21:00
会場:きたやま南山
会費:6,500円(ワンドリンク付き)

申込み方法:サイトのフォームから(→こちら
facebookページ(→こちら
きたやま南山へ直接電話:075-722-4131

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフと近江牛のカイノミ食べ比べはあまりにも個性が違いすぎて改めて驚いたのでした

  手前(まるさん牧場の近江牛)、奥(駒谷牧場のジビーフ)。部位はカイノミで

記事を読む

愛農ナチュラルポーク半頭でシャルキュトリを食べる会

いつだったか忘れましたが、楠田さん(メツゲライクスダ)と愛農ナチュラルポークでジャンボンブラ

記事を読む

陳健太郎×新井治彦×新保吉伸 in 赤坂四川飯店

昨年、東京の知人宅でもつ鍋パーティを開催したのですが、友人の一人が「私、餃子作ります!」と手を挙げた

記事を読む

イルジョット×ワイン9コラボディナー

イベントはいつも急に決まることが多く、いつだったか名古屋ワイン9の吉田さんと食事していた時に

記事を読む

林源十郎商店の辻さん、タルマーリーの渡邉さん、そして私ニイホの3人でコラボ会やります

きたやま南山はなれの地下100坪に完成した『ギュウテロワールミートカレッジ』(以下ギューテロ)お

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている

おいしくするのは執念

携帯電話が鳴ると、なんとなく誰だかわかる。今朝、10時に携帯電

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30