*

感動のブルスタ

公開日: : 2020/03/03 イベント

中目黒にブルスタという店がある。料理も出すがワインバー的な扱いだろうか。店主の西山さんが選ぶワインは定評がある。そんな西山さんとは5年か6年かの付き合いになるが、ブルスタは取引先ではない。

数ヶ月前のこと。僕から西山さんにイベントやろうと持ちかけた。西山さんから、いつか僕が手当てした肉を使ってみたい、それを目標のひとつにしていると聞かされたことがある。大袈裟だなと思ったが、どうやら本気だということが後に分かった。

なぜ西山さんにイベントしようと持ちかけたのか、もちろん理由はある。ちょっと長くなり本文と大きくズレてしまうので何かの機会に。ということで、僕と西山さん、そしてここにワイナリー和泉屋の新井さんが加わった。

まず僕からコースの流れと料理を想定しながら肉を提案した。ほうき鶏、愛農ポーク、豚の血、近江牛のトリッパ、ジビーフ。次に西山さんが料理を決めた。最後に新井さんがワインを選ぶという順番だ。

メニューはこんな感じ。

ほうき鶏胸肉のサラダ
ワインは、ミレジメ・ブリュット・レセルバ 2016 パゴ・デ・タルシス

愛農ナチュラルポークのハムと自家製リコッタチーズ
テンテヌブロ・ブランコ 2017 テンテヌブロ

サングイナッチョ (豚の血のソーセージ)
タレイア 2016 カステル・デンクス

近江牛トリッパのサフラン煮込み
ディド・ラ・ソルシオン・ロサ 2016 ベヌス・ラ・ウニベ
トリッパの下処理は大変なので今回はサカエヤが引き受けた。新鮮なトリッパは皮が剥きやすいのだが、冷凍したものや鮮度が落ちたものは剥きにくい。熱湯で皮をふやかしてからスプーンで剥いていくのだが大変な作業なのだ。黒というか灰色のトリッパを真っ白にしていくのだが、作業の割には食べるのは一瞬(笑)

ジビーフのラグーのリガトーニ
ラス・ウバス・デ・ラ・イラ・ガルナッチャ 2016
ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディ

ジビーフのタリアータ
カベルネ・ソーヴィニヨン・岩穴発酵槽使用・未使用 2016 カステル・デンクス

今回のメインはジビーフを選んだ。いや、ジビーフしかないと思った。じつは、不安で仕方がなかった。西山さんには失礼だが、内心イヤヒヤしていたのだ。西山さんも眠れない日が続いたという。新井さんと3人で事前の打ち合わせから試食会も行った。それでも不安は取り除けなかった。僕にできることは、ジビーフを西山さん用に仕上げること。フライパンしかないので、水分をある程度抜いて、肉汁がでないように手当てした。結果、もう少し攻めた焼き方でもいいかなと思ったが、ジビーフの良さが前面にでていてすばらしかった。目をつぶると様似の牧草地が浮かんだ。お見事!

ジビーフすね肉の煮込み
リュエ・デュ・ソルビエ・ドゥミ・セック A・ルヴァスール

最後、締めのあいさつで西山さんが泣いた。父親はコックだったそうだ。だから自身もコックに憧れた。しかし、周りからはワインの人と呼ばれ続けた。いつかはシェフと呼ばれたい。そんな思いが交錯しながらの今回のイベントだった。思いが溢れだし西山さんは泣いた。

料理の余韻に包まれながら6時に目が覚めた。できるなら今日も食べたい。そんなことを思う料理ってなかなかない。西山さん曰く、いまの環境では思うような料理はできない。なのでいつかは移転したいと。そのときは僕の肉を使ってもらえるのかな(笑)いや、使ってもらえるように僕もがんばらないと。

西山シェフ、ありがとうございました!

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生産者は自分が育てたものを食べない

(写真は、6月11日開催の肉Meets in 大分で料理を担当してくれるTacca/タッカの

記事を読む

第一回 肉Meetsは料理人と参加者の笑顔で無事終了

記念すべき第一回目となる【肉Meets】は、大いに盛り上がり参加者皆さんの素敵な笑顔で無事終

記事を読む

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(アールオンブーシュ)で僕が手当て

記事を読む

神楽坂うを徳さんですき焼き&ワイン会

更新がかなり遅れていますが、土曜日は夕方から7代続く神楽坂の老舗料亭 "うを徳" さんですき

記事を読む

愛農ナチュラルポークin成蔵でまたまた感動した

愛農ナチュラルポークは表面をカリッと揚げるより低温でじわじわと揚げるほうがおいしい。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930