*

愛農ナチュラルポークがサイトから購入できるようになりました

公開日: : 2012/12/27 未分類

ラグー フェトチーネ

きたやま南山で開催された愛農ナチュラルポークお披露目会では、 サルティンボッカの木村シェフが作る「ラグー フェトチーネ」にヤバイ、ヤバイという声があちこちから聞こえた。ヤバイ(危ない)という意味ではなくヤバイ(おいしい)という現代日本語のややこしさは若者言葉ではなくわたしのようなおっさんでもついつい使ってしまう。メディアに毒されているのか・・・

愛農ナチュラルポークのページをようやくアップすることができました。
→クリック

豚肉に関しては、正直詳しくないし興味もなかった。
牛肉同様、豚肉も販売はしているものの、アイテム数も10品程度であまり力をいれていなかった。とはいってもかなり味には自信があって、鹿児島県薩摩の農場まで視察に行った経由がある。農場が運営している工房で味見して、さらに仕入れてからも何度も何度も味見したのち販売をスタートしたので一応はこだわっている。

冬の寒い日に豚しゃぶをすることがあっても、常日頃、豚肉を食す習慣が私には幼いころからなかった。やっぱり牛肉なのだ。24歳のときに関東の友人宅でご馳走になった豚肉のすき焼きは衝撃的だった。カレーも豚肉と聞いて関東は食文化がおかしいとさえ思った。

さて、あまり興味がなかった豚肉だが調べるとこれがけっこうおもしろい。
なんといっても世界の食肉生産量の約4割を占める家畜なのだから歴史も古い。

そのあたりの話は機会があれば書いてみたいが、まずは愛農ナチュラルポークだ。
以前にも愛農ナチュラルポークについて書いているので過去記事をご覧いただきたい。(→クリック

私が愛農ナチュラルポークに魅せられたのは、取り組みもさることながら「味」だ。
豚臭さをまったく感じさせず、透明感のある脂と赤身のバランスが絶妙なのだ。

どちらの旨味も強いが主張しすぎず、イタリアンやフレンチとの相性も良い。
もちろん素焼きでもおいしくて少し荒目の塩によく合う。

生産者の顔は高校生で、これ以上の見える化はないわけで、ブランド牛に負けないぐらい個性が強くて魅力的な豚肉なのだ。

年末年始は、毎年豚肉は売り切れにしている。理由は牛肉に集中したいのと細かな作業が面倒なこともある。しかし、今年はどうしても愛農ナチュラルポークのおいしさを知っていただきたい、そんな想いでページも急いで作ったわけです。出荷頭数が月2回程度なので、商品が購入できるいまがお試し時です。

売り切れもではじめていますのでお早目に。

愛農ナチュラルポーク(→クリック

きたやま南山では早くも愛農ナチュラルポークがメニューに加わりました。
お正月、京都で参拝した帰りに景色のよい北山までドライブはいかがですか。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

売れない理由は商品価値が伝わっているかどうか

エーテルヴァイン江上さんのイベント、完熟ナイトで茂野シェフが作った北海道のどろ豚ソーセージは

記事を読む

フランス・ジャポン・エコー誌の取材はまさかの通訳なしだった

フランス・ジャポン・エコー(France Japon Éco)の編集長、レジス・アルノーさん

記事を読む

だれに嫌われるか

うわーっ、わしが小さいときに食べたすっきゃき(すき焼き)の味や!うまい、うまいわ。涙出てくる

記事を読む

259ヶ月齢と252ヶ月齢の経産牛がお肉になりました

6月9日に出荷した2頭のお母さん牛「きこ2:平成8年生まれ」と「のぞみ:平成5年生まれ」は、

記事を読む

ケンボロー・ホエー豚のバラで作る角煮

帯広の講演でご縁をいただいた、ケンボロー・ホエー豚の源さんからロースとバラを送っていただきました。ホ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
まぐろと牛肉イルジョットにて

6月5日、まぐろの仲買人、フジタ水産の藤田さんと新橋のしみずさ

サカエヤ× チェンチwith うえとコラボ会

7月1日に開催した「上田(うえと)×坂本(チェンチ)×新保(サ

凱旋帰国の仙女里村明衣子さんと小朝さん

沖縄北谷のアルドールで比嘉シェフと美紀子さんのパーティーに出席して翌日

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031