*

新しい沖縄料理の創造のために

公開日: : 2020/02/17 未分類

Etat d’Esprit and ARDORのコラボディナーのために仕入れた黒毛和牛。宮古島から橋を渡る伊良部島で紺碧ザ・ヴィラオールスイートのレストラン Etat d’Esprit エタデスプリのシェフ渡真利泰洋率いるエタデスプリチームと我らがアルドールのコラボディナーです。

今回のARDORチームとエタデスプリチームとのコラボレーションは、私たちのアイデンティティである沖縄と宮古島にこだわり、『新しい沖縄料理の創造』というテーマを掲げ、その日、ここでしか味わえない食の体験をお楽しみください。 (アルドール・仲村大輔)

この日のために僕が仕入れた肉は、日本でもっとも美しい村といわれている宮古郡多良間村で生まれた黒毛和牛。2008年10月17日生まれだから12歳。人間だと50~60歳くらいかな。今回は熟成肉特有の香りをつけたくないので温度と湿度を調整しながら短期間で仕上げていきます。スペシャルな肉はスペシャルな人たちのために。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました(→) 完全放牧野生牛については、ぜひこちらをご

記事を読む

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難しい結果に。熟成期間110日目

記事を読む

愛農ナチュラルポークがサイトから購入できるようになりました

きたやま南山で開催された愛農ナチュラルポークお披露目会では、 サルティンボッカの木村シェフが

記事を読む

Le14eでパリ仕込みの進化形ステーキを堪能

先週は濃厚すぎる1週間だったので書ききれなかった記事を少しづつアップしていきます。18日の夜

記事を読む

サカエヤ商品販売のご案内はFecebookページで

毎日、いろんな料理人の方と情報交換していますが、良い話なんてないです。みんな厳しいです。でも、僕の周

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28