*

北の大地のあか牛12頭入荷

公開日: : 2020/02/18 あか牛

朝から「北の大地のあか牛」が12頭入荷してきたので大忙し。南阿蘇村で生まれて北海道で育ったお母さん牛たち。これからしっかり手当しておいしくしていきます。

僕の持論ですが、未経産の牛は過度な仕事をする必要はないと思っています。わかりやすく言えばA5の肉は屠畜して10日前後で商品化してしまう。熟成させる必要はなく、逆に保存状態によっては酸化してしまう。

「北の大地のあか牛」は子供をたくさん産んだお母さん牛です。骨が細く赤身の比率が高いので仕事をしてやらないと肉は硬いまま、和牛香も表に出てきません。魚でいうところの光り物です。処理方法などに手をかければかけるほど、美味しくなってくれます。

こういう肉はしっかり手当してやれば化けてくれるからおもしろい。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあたりが限界かな。流通が整備されい

記事を読む

東海大学のあか牛、我慢できずに焼いてしまいました

昨日の続きですが、東海大学の阿蘇あか牛。輸送疲れもありしばらく肉質を落ち着かせてからどのよう

記事を読む

イルジョットであか牛セミナー&食事会

イチボの冷製パスタ 自然にある資源を長期で維持し、環境

記事を読む

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

子牛が産まれてから人の口に運ばれるまで約2年と6カ月。いまナイフを入れた肉にいったいどれだけ

記事を読む

シンプルな一皿から浮かぶ阿蘇の草原

何も語る必要はない。目の前に出された皿はシンプルだけど阿蘇の草原が浮かぶ。L字のカウンターに

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30