*

シンプルな一皿から浮かぶ阿蘇の草原

公開日: : 2019/12/12 あか牛

何も語る必要はない。目の前に出された皿はシンプルだけど阿蘇の草原が浮かぶ。L字のカウンターに腰掛けた10名。沈黙からの歓声。シェフはいつものように〝焼いただけですよ〟と笑う。

2012年生まれ7歳の「みなみ」さん。東海大学で3産して2016年に草原牛プロジェクトの周年放牧挑戦応援のため南小国瀬の本へ移籍。南阿蘇村よりも高標高の地での野外越冬に耐え2回のお産を無事済ませ、南小国での無畜舎・野草地放牧飼育の可能性を示してくれた功労牛です(東海大学・服部先生)

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

石垣で育ったあか牛、すばらしい仕上がりです。ぜひ北谷のARDORへ

たまに牛を飼わないかという話をいただく。倒産する牧場を買ってほしいとか、後継者がいない牧場を

記事を読む

琉球大学農学部で育ったあか牛が石垣島からやってきた

琉球大学農学部が石垣島で育てたあか牛がふたたび入荷してきました。とにかく大変... 枝

記事を読む

自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に「あか」がついてるからでしょう

記事を読む

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛のプロジェクトです。今年の出荷は一頭のみ。次回の

記事を読む

阿蘇の草原牛が昨年に続き今月末に入荷してきます

熊本阿蘇の草原牛としては昨年に続き二頭目となりますが、またまた私にお任せいただけるとのことで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31