*

阿蘇のあか牛、ナチュラルからよりナチュラルへ。すばらしい肉質です

公開日: : 2017/11/15 あか牛

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛。橋村さんが立ち上げたプロジェクトは野草地を利用した牛本来の育ち方を尊重したものです。昔はこうやって牛が育ったのです。山間部や耕作放棄地、使わなくなった果樹園なども放牧地として活用できるため、阿蘇の草原景観維持や農地の荒廃を防ぐ効果も期待できます。

ビジネスとして成り立つにはあと5年はかかりそうですが、自然相手なので急がす慌てずゆっくりと牛のペースに合わせていくことが良い結果になると思います。

今年の出荷はわずか一頭だけ。昨夜は楽しいメンバーでサーロインとウチモモをいただきましたが、ほんのり草の香りを纏った肉は赤身を主張しながらも歯切れの良い心に沁みる味わいでした。

産地の熊本でも宮本シェフがすばらしい料理に仕立てたと聞いています。そしてもうひとつプロジェクトが立ち上がりそうです。かなりおもしろいことになりそうなので、友人知人のみなさま、ぜひ巻き込まれてください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東海大学で生まれ育った阿蘇のあか牛が入荷してきました

熊本県南阿蘇村の東海大学農学部農学教育実習センターでこの子が生れたのが2015年4月30日。

記事を読む

あぁ、あか牛か

12月出荷予定の東海大学のあか牛「さくらそう」 今日の肉はなにがありますか? あか牛

記事を読む

熊本東海大学育ちのちかこさんがやってきました

熊本の東海大学農学部阿蘇キャンパスで育ったお母さん牛のちかこさん

記事を読む

琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあたりが限界かな。流通が整備されい

記事を読む

イルジョットであか牛セミナー&食事会

イチボの冷製パスタ 自然にある資源を長期で維持し、環境

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31