*

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

公開日: : 2019/12/21 あか牛

子牛が産まれてから人の口に運ばれるまで約2年と6カ月。いまナイフを入れた肉にいったいどれだけの人が関わっているのだろう。

近江牛の場合。セリで買い付けた枝肉はその場でトラックに積みこんでサカエヤに運ぶのですが、県外の牛はワンクッション入れないと流通できない。ワンクッションというのは食肉問屋さんになりますが、良くも悪くもここがキーになります。

僕が指定する加工は特殊なのでなかなかやってもらえないのがネック。昨年、石垣から枝肉を流通させるのにお願いした問屋さんの仕事ぶりには泣かされました。僕が石垣まで行って自分でやれればいいのだけど、、嫌がられるだろうな。

東海大学のあか牛はワンクッションを豊住食肉さんにお願いしています。まず驚くのが内臓の処理が丁寧。内臓ってそもそも汚いもの。だから僕は滅多なことで自分が処理した内臓以外は口にしません。センマイなんて牛の体内から出たときは汚物まみれですからね。それをきれいに処理したとしても生で食べるなんて僕は無理。潔癖症なので行きすぎることもありますが、それでも原型を思い出すだけで無理。その点、あか牛のミノやハチノスは本当にきれい。かといってナマでは食べないですが、センマイのヒダを一枚一枚時間をかけて洗っているのがよくわかる。

枝肉も僕の指定通りなので、その後の手当てがやりやすい。通常なら、この時点で骨を外して部位ごとに真空パックにするのだが、僕の場合は、ここからが仕事になる。

年末ギリギリで一頭の入荷が予定されていますが、年明けまでしっかり管理しておいしく仕上げたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東海大学で生まれ育った阿蘇のあか牛が入荷してきました

熊本県南阿蘇村の東海大学農学部農学教育実習センターでこの子が生れたのが2015年4月30日。

記事を読む

イルジョットであか牛セミナー&食事会

イチボの冷製パスタ 自然にある資源を長期で維持し、環境

記事を読む

東海大学産あか牛「なでしこ」本日より販売します

4月27日に京都のGOOD NATURE STATION(高島屋さんの隣)にて、料理マスター

記事を読む

石垣島からあか牛が間もなく到着

琉球大学農学部と八重山農林高校のあか牛プロジェクト。熊本の東海大学から譲り受けた3頭のあか牛

記事を読む

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛のプロジェクトです。今年の出荷は一頭のみ。次回の

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31