*

肉屋冥利に尽きるとはこのことで、金沢に素敵なステーキの店ができます

公開日: : 2014/09/04 未分類

10月25日に畜産システム研究会第28回大会が京都大学農学部総合館で開催されます。一般参加も可能なようですのでお時間のある方はお立ち寄りください(

photo1

講演タイトルは決まったのですが、中身はなにも決まってなくて資料提出の期限が迫るなか、出張まみれで間際に徹夜で作成するはめになりそうです。国産飼料だけせ育てている近江プレミアム牛の話しが中心になりそうです。近江プレミアム牛は現在、福井の地酒“梵”の酒粕を1日7kg順調に食べています。10月中旬に出荷があるので仕上がり具合がとっても楽しみです。

さて、一昨日から2日間金沢に行ってまして、友人たちと年に1回寿司ツアーを行っているのですが、今回の目的はもう1つありました。

昨年、とあるBARのマスター御年68歳から一通の手紙をいただきまして、私がお送りしたドライエージングビーフを一口食べて感動したというのです。ここまでは、お客様からの感想としてたまにですがハガキなどで頂戴することがあるのですが、マスターは、この肉を金沢の人たちにもぜひ食べて欲しい、しかしいまの店では満足した提供ができないとのことでBARの2階を改装して、ワインとステーキ(熟成肉)の店を作るべく計画を立てたのです。これは昨年の5月の話しです。

その後、京都のLe14eに足を運んだり、マスターが若かりし頃、アメリカで食べたドライエージングビーフに想いを馳せながら着々と計画は進んでいたのです。そして確実に改装に着手した段階で、私に手紙が届いたのです。マスターを紹介してくれた友人にも同じような内容の手紙が届いていたようです。私は友人から手紙が届いたことを聞いて、これはマスターの決意表明だと察しました。

一昨日、設計図と改装中の店舗を見せていただきましたが、70席とかなり広い店内ですが金沢の人だけではなく、全国から集まったマスターのファンで賑わう様子が目に浮かびました。11月のオープンには肉持参で駆けつけたいと思います。

熟成肉絡みですが、現在発売中のMeetsに私の記事が少しだけ掲載されていますので、よろしければご覧ください(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今日も肉を食べよう

万人受けする肉ではない。 ジビーフと和牛を一つのお皿にのせて食べ比べたとしよう。優劣ではな

記事を読む

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と表現する方もいますが、僕が伝え

記事を読む

肉を食す会の日程が決まりました

今朝の記事でお伝えしました、サルティンボッカでのイベントですが、 早速日程が決まりました。

記事を読む

熟成肉の次回販売は今週末から

立命館大学びわこ・くさつキャンパス開設20周年記念企画BKCサンクスデーに「ホルそば」焼きに行っ

記事を読む

大きな価値のプライオリティ

最近、野菜を一切食べていないことに気がついた。 外食で付け合せの野菜を食べる程度で、積極的

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031