*

Le14eでパリ仕込みの進化形ステーキを堪能

公開日: : 2015/01/25 未分類

IMG_1878

先週は濃厚すぎる1週間だったので書ききれなかった記事を少しづつアップしていきます。18日の夜クレメンティアさんを貸切ってフルコースを堪能。もともとは「いただきます、ありがとう」の委員のみなさんで翌日に控えた「京都ジビエ会議」の打ち合わせを兼ねた食事会のつもりだったのですが、1人増え2人増え3人増えイブマリも来ることだしそれなら田淵シェフに無理をお願いして貸切にしたほうがいいんじゃない…てな感じでイブマリとクラリス、masayoさんの歓迎会になったのでした。かなりの皿が登場したのでイブマリはいつまで続くのか質問。ストップをかけない限り朝まで続くよと言うと即座にSTOPしてみなさん大笑い。

翌日は、シゲさんに無理を言って11時30分にLe14eをOPENしてもらった。おそらく、いや間違いなくお腹は空いていないだろうとは思ったのですが、どうしても30日枯らした木下牧場の肉を食べてほしかったのです。

シゲさんもmadamもフランス語が堪能なので店内は日本じゃないみたい。しかも南山の楠本さんまで英語で話すものだから私は完全に浮いてました。こんなはずじゃなかった的な悲しい一人ぼっちをしばし体験(笑)

IMG_1884

さて、最初に運ばれてきたのはハラミ(左)とラムシン(右)です。ハラミは2日間常温で乾かしたとのこと。表面がキャラメルになっていて中は(à point アポアン)ミディアムな状態。間違いのないうまさです。

IMG_1890

どうやったらこんなにうまくなるのか?… たまらずイブマリは厨房へ。なにを話しているのか私にはさっぱり分からなかったが笑いが絶えない会話の中へ当然ながら入っていけずここでも一人ぼっち感を満喫することに。

IMG_1883

33日間吊るした木下牧場のサーロインです。格付けはA3ですがどうしても細かいサシが入ってしまいます。しかし、このあたりはシゲさんの真骨頂とでも言うべきかサクサク食べられてしまうから不思議です。簡単に見える揚げ焼きですが、個体によって微妙に焼き方を変えているので私自身もちょっと驚きました。肉の保存に関しても部位によって変えているようで、このあたりは肉をかなり知っている、つまり経験値から来るものでしょう。油の跳ね方で熟成度合(日数)がある程度分かると言いますから、おそらくこのような会話が弾んでいたものと推測されます。

イブマリもクラリスも大満足でLe14eを後にしたのでした。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

経産牛、沖縄へ

〜ストーリーに味を乗せて〜 2005年10月14日、久米島の翁長さんところで生まれて、2019

記事を読む

おもて牧場のブラウンスイス×ホルスタイン×和牛

北海道十勝清水で十勝若牛を生産する「おもて牧場」を訪ねたのは6月初旬でした。案内してくれたの

記事を読む

突然の引退、そして農家へ

これ、サカエヤの店舗で販売することになったのですが、桃や梨をそのままかじってるみたいでおいし

記事を読む

僕と料理人の関係性について

たまに関係の薄い人から知り合いの料理人へ肉を送ってほしいと頼まれることがあります。こういうのが一番困

記事を読む

プレミア近江牛販売まであと3ヶ月

(撮影:中塚まろみ)[/caption] 自給飼料と国産飼料100%の近江牛を昨年の7月に2

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930