*

ステーキとナチュールワイン

公開日: : 2023/07/02 未分類

まもなく南草津駅前に「ステーキとナチュラルワインkico」がオープンする。駅前と言っても徒歩10分近くかかるので、正確には駅近かな。店主の松居くんは、それこそ南草津駅前のサルティンボッカで15年間、木村さんの右腕として働いてきました。

いよいよ独立、で喜ばしいところだが、準備不足が否めない。飲食店でいちばん要の「集客」がまったくといっていいほど抜けている。松居くんは人柄は文句なしだが、人脈もなければネットワークもない。不安しかなとなかで、どうすれば認知度上げて、集客できるのか、、

こんなこと書いてマイナスにならないかと一瞬思ったが、もともとマイナスからのスタートなので、まぁいいだろう。読んでる誰かの参考にでもなれば幸いかと。

オープンを10日後に控えて、相談に来たがまず遅すぎる。イタリアンで15年働いたので、やるのはイタリアン、ということだが、ライバル店が多いジャンルにわざわざ槍持って突っ込んでいくようなもの。すぐに鉄砲で撃たれて死んでしまう。

とはいえ、どのジャンルも溢れている状態で松居くんが入る隙間がない。パスタが上手とかスープが自慢とか、それはウリにはならないし、専門店に任せておけばいい。そこで僕が提案したのが、ステーキとナチュールワインだ。ステーキは少し演出も必要だが、需要はある。そしてワイン。滋賀はナチュールワイン不毛の地。

ステーキが焼きあがるまで50分くらいかな。その間パテやハムをつまみながらワインを一杯ゆっくりと。焼き上がったステーキを食べながらもう一杯。まだ食べれそうならパスタでも。イメージとしてはこんな感じかな。

サカエヤからも近いので、夜な夜な若いスタッフが通うと思う。そこで牛肉談義なんてどうだろう。

いままで雇われてきた身なので、これから大変な思いをするだろう。想像していた何百倍も辛いと思う。特にお金に詰まると安売りしたり食材を下げたりしがち。お金もなく、客もこない、それでも光熱費や家賃も払わなければいけない。いちばん簡単なのが食材の見直しだ。でも、そこをケチるとさらに悪化することもある。なんとか信念を貫いてほしい。

独立目指している若者も多いだろうし、まもなく独立の方もいるかも知れない。もしかしたら同じ悩みを抱えた人もいるかも知れない。きっと流行ると信じて定期的にkicoのこと、書いていきます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

年末の営業は31日まで年始は6日から

ひっきりなしにお電話いただいてますが年内発送のご予約、ご注文は昨日で締め切りました。あとはひ

記事を読む

商品価値の少ない経産牛のスネ肉や前バラでまさか感動するとは。

牛スネ肉を使ったパクチーのとろみスープ。私はパクチーが苦手なので抜いてます。 スープを

記事を読む

十勝若牛30日間の手当ての結果

帯広の小久保さん用に手当てした十勝若牛。ここから磨いていき、小久保さんをイメージしながら焼い

記事を読む

熊本から馬肉が届きました。初めて知りましたが軽種馬というらしいです

あるシェフから馬肉が手に入らないかと言われて、それなら熊本でしょう、ということで知人にお願い

記事を読む

日本と韓国のカルビ事情

プルコギとともに韓国の代表的な肉料理といえばカルビ。 しかも、レパートリーが豊富で、日本

記事を読む

新記事
幼馴染み
旧記事
同志

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031