*

リストランテ・マッサでラッセ×マッサ

公開日: : 2019/11/18 未分類

かつてフジテレビ(料理の鉄人)で、第4の鉄人として活躍された神戸勝彦シェフが今年の3月、不慮の事故で亡くなられた。49歳という若さである。リストランテ・マッサは、弟子たちに引き継がれたが、なぜか閉店の情報が流れて苦戦が続いている。かつて二番手を務め、いまは他店で働いていた吉田洋平シェフがわざわざやめて戻ってきた。

会の最初にラッセ村山シェフが神戸シェフへの想いを語った。村山シェフもまた料理の鉄人を見て、神戸シェフに憧れ、影響を受けた1人だ。ある日のこと、若かりし村山シェフがマッサで食事をした。

神戸シェフは「若いのに頑張ってるね」と言ってお代をとらなかった。またある日のこと、今度は神戸シェフがラッセに食事にきた。村山シェフはお代をとらなかった。

が、

テーブルには会計以上のお金が置かれていた。チップは神戸シェフからのエールだろう。村山シェフはいつの日か成長したらこの御恩を返そうと思った。しかし、それは叶わぬ夢となった。

神戸シェフはもういない。

そして、

村山シェフが立ち上がった。

受けた御恩はリストランテ・マッサにお返しする。僕が料理人である限り返し続ける。

そう語る村山シェフの男気にマダムが涙する。そして1分間の黙祷から料理がスタートした。

前菜

◎ラッセ

ランプレドットフェオレンティーナ

薩摩豚  ピエディー二  キャベツ煮込み

豚頭のソブラッサータ

◎マッサ

鹿児島経産牛肉のカルネクルーダ

近江牛タンのサルサヴェルデ

鳥レバームース

パスタ

◎ラッセ

三種のチーズのラビオリ

◎マッサ

カボチャのトルテッリゴルゴンゾーラソース

メイン

◎ラッセ

石田めん羊牧場の羊のサルシッチャ

◎マッサ

近江牛ほほ肉の赤ワイン煮

◎ラッセ

鹿児島経産牛のサーロイン炭火焼

ドルチェ

◎ラッセ

アマレッティ  セミフレッド

◎マッサ

アールグレイの香りクリームブリュレ

なんとも温かい食事会だった。形はなくとも神戸シェフはリストランテ・マッサで永遠に生き続けていくだろう。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生産量を減らして質を高める

生産量を増やして売り上げをあげようと思えば、人が足りない、場所が足りない、設備が足りない、お

記事を読む

no image

チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料理人も多く参加しての会だったの

記事を読む

ミートカレッジ「ギューテロワール」に集った素敵な人たち

あまり表に出ることがない藤井牧場さんご夫婦(左から奥さん、ご主人。右は日本海牧場の山崎さん)20

記事を読む

「肉が本来持っている味と香り」を超えない手当てと超える手当て。

味が短調な肉はあっさりしているが変化がないので食べ飽きる。なのでフレンチの技

記事を読む

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもしなくても流行っている店がある。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930