*

消費者であり消費者でしかないということはありえない

公開日: : 2013/01/13 未分類

サーロイン

昨夜は、阪本啓一氏のMAIDO-international(大阪商人のスピリットを世界に向けて発信し、儲けて儲けて儲けまくったろやんけ!)という上品な勉強会の後の懇親会に参加した。

懇親会会場には、17時30分に到着。私にしては珍しく30分前に着いてしまった。
もちろん1番乗りでみなさんをお待ちすることに。しかし待てど暮らせど誰1人として現れず、お店の方に確認したら18時30分からご予約賜っていますとのこと。結局、私の勘違いだったのだが、1時間も待つことになった。

それはさておき、懇親会のお店は、日本酒と魚料理が自慢らしく、料理もそれらしいものばかりで私の胃袋は少し退屈気味だった。ある程度、料理もで終わった感がしたそのとき、牛肉が登場!こういうパターンでは、輸入牛の歯ごたえある牛肉、もしくはホルスタインあたりがでてくるのが相場なのだが、和牛香がぷんぷん漂うサーロインがでてきたので驚いた。

写真は、iphonで撮ったものだが光ってしまって肉か魚かわからない状態だが、すごくおいしかった。肉皿を持ってくれている802メディアワークス(FM802)の藤村社長も、これはおいしいと大絶賛だった。肉の場合は、ある程度満腹な状態でもテンションが上がる。

2次会は少数で焼き鳥屋さんへ行ったのだが、この店が大ヒットだった。
小さな店だったが、徳島の阿波尾鶏を中心になにを食べてもうまかった。
しかも、かなり飲み食いしたのに信じられないような値段だった。

私は思わず、間違ってないかもう一度計算し直したほうがええんちゃいますか?
と再計算の催促をしたほどだ。

大丈夫なのかと変に心配してしまう。

さて、少し話が変わりますが、当店を利用してくださるお客様は、商売をされている方が多く、いろいろと参考になるアドバイスをいただくこともある。

商売をされていても、モノを買うときは一消費者になるわけだが、商売をされていない方も含めて、「消費者であって消費者でしかない」ということはないと思う。

1次産業(生産)×2次産業(製造業)×3次産業(サービス業)=6次産業

なわけだが、働いて収入を得ている人はどこかに属するわけで、そう考えると、「消費者だけ」という人はいなくて、どこに属する人でも消費者を兼任しているといえるのではないだろうか。

たとえば、私を例にとると、生産者のはしくれなので1次産業でもあり、新しくモノを作り出しているところもあるので2次産業でもあり、小売をやっているので3次産業でもあるわけです。

昨夜は、焼き鳥屋さんで兼任している消費者をやらせてもらったが、ついつい3次産業の顔がでてしまって、お会計のときにおせっかいを焼いてしまったというわけだ。

阿波尾鶏というブランドとおいしくできる調理技術、あたりさわりのない接客サービス
もっと自信を持って、価格設定すればいいのに、、、なんて思ってしまったがこれもおせっかいですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました(→) 完全放牧野生牛については、ぜひこちらをご

記事を読む

日本と韓国のカルビ事情

プルコギとともに韓国の代表的な肉料理といえばカルビ。 しかも、レパートリーが豊富で、日本

記事を読む

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもしなくても流行っている店がある。

記事を読む

十勝若牛が安定しておいしい結果が出せるようになってきました

【コスモスさんの十勝若牛】 2017/02/08生れ → 2018/04/27屠畜 国産

記事を読む

2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変な一年でしたが悪いことばかりで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31