*

僕と料理人の関係性について

公開日: : 2021/03/26 未分類

たまに関係の薄い人から知り合いの料理人へ肉を送ってほしいと頼まれることがあります。こういうのが一番困ります。だってその料理人の方を僕は知らないですし、そもそも関係の薄い方の頼まれごとほど面倒なことはないですからね。そういう人に限って、「新保さんからシェフに連絡してやってくれないか」と邪魔くさいことを言ってくる。

商売と割り切れる性格なら送ることもできますよ。売り上げになりますしね。でも、それではお互いのためにもなりませんし、相手の方にも失礼というものです。無難な肉を送って、新保さんの肉ってこんなものか、と思われるのも嫌ですし、やっぱり僕はその方のために悩みたいのです。

肉を売れば売上になります。その積み重ねで会社は成り立っていますが、職人や技術者のプライドってそこじゃないんですよね。僕なんか不安の中で仕事するタイプだから、料理人のことを細部まで知っておきたいのです。それでも選んだ肉で喜んでいただけるのか不安ですし、お客さんの感想も気になります。

過日のこと。

ステークアッシェのようなものを作りたいのでなにか適当に送って。(適当は=信用)

たぶん、こうするんだろうな、あーするんだろうな、という想像で肉を選ぶのですが、これは僕が料理人のことを知っているからできることなのです。

まず、うちの若い子に選ばせます。いまある肉のなかから、若い子はあか牛のスネを選びました。ミンチにするなら正解ですが、おそらく、直前に包丁で叩いて食感を重視するような刻み方をすると思われるのでスネではない。へたすれば営業中に刻むことも想定できるので、スネより繊維がほどけた肉を選ぶ必要がある。

いま出せる肉から、あか牛の肩ロースを選ぶ。ネック側を15㎝落として、そこは使わずに、次の関節から20㎝落とす。10名のお客さんがカウンターの向こうで、手切りしている姿を凝視する。(あくまで僕の想像)

数日後、うまくいったと連絡があり、もう一度送ってほしいとのこと。でも、同じ部位がない。今度はウデのクリミの部分をスネを避けてカット。

と、こんな感じで料理人の知恵袋になれればと毎回悩みながらやってます。そのためには、料理人のことを知らないと悩めないのです。

だから、知らない料理人に肉を送るほど怖いことはない。

さて、ステークアッシェをイメージしたけど、もしかしたらステーキみたいに焼くのかな。とか、いろんなことを想像するのも楽しい。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大きな価値のプライオリティ

最近、野菜を一切食べていないことに気がついた。 外食で付け合せの野菜を食べる程度で、積極的

記事を読む

牛肉のプロを養成するミートカレッジ「ギューテロワール」が間もなく完成します

きたやま南山さんの地下(100坪)に牛肉のプロを育てる研修施設がいよいよ完成します。詳しくは

記事を読む

比較は悲劇のはじまり

正月気分というまったり感は年々薄れていくように感じています。元旦はお節に日本酒でそれなりに満喫しまし

記事を読む

エロい火入れ

僕は鶏が専門ではないので、自分が食べたいものを少しだけ扱っています。「ほうき鶏」と命名したそ

記事を読む

その店にあった肉を用意するということ

虎ノ門でポップアップ中、何人かの方に取引のお話をいただきました。シェフであったりマネージャーみたいな

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031