*

ジビーフ「岡さん」短編ストーリー

公開日: : 2021/03/20 ジビーフ(完全放牧野生牛)

2月15日に屠畜したジビーフ「オカさん」33ヶ月齢

この牛の背景が短編ドラマのよう。

記憶のなかに薄っすら。ジビーフはアンガス種ですが、そのアンガスに黒毛の種を付けたらどうなるのか。6年前、7年前のジビーフは草の香りが強くて肉を食べているというよりも、硬い草を食べている感じだった。

なんとかならないものかと、僕と奈緒子さんの試行錯誤がはじまり、アンガスの母ちゃんに黒毛の種を人工授精で付けて生まれたのが「くうちゃん♀」でした。

いよいよ肉になる当日のこと。出荷しようとしたら、なんとくうちゃんの妊娠が発覚。そのときの子供が岡さんでした。

※くうちゃんとか岡さんとかはジビーフの名前です。名前をつけたほうが管理しやすいので知り合いの名前をつけています。

くうちゃんも小さめでしたが、岡さんはもっと小さく、これ以上飼っても大きくならないと思い出荷しましたが、肉になった岡さんは、予想以上に小さくてびっくりしました。脂肪が全くなくて、筋間脂肪もゼロで、格付けは当然ながらC-1です。

黒毛和種の血が25%入ってるにも関わらず、交配したらこうなるのかという。

ジビーフを扱い始めた当初。肉を触った手は洗っても洗っても草の香りがとれず、いまでは懐かしい思い出のようになっています。土壌や牧草の変化で以前より草の香りは弱くなってきたのが最近のジビーフでした。

が、

岡さんのサーロイン。当初のあの香りを纏って、歯が折れそうなぐらい硬い肉質は熟成によって、ほどほどになり、これぞジビーフというような、なんとも凄い肉に仕上がりました。ここまでくると好き嫌いが分かれてしまうので、やさしそうなシェフの元へ、まずは本日サーロインを2本発送しました。リブロースも2本ありますのでご興味ありましたらご連絡ください。

さて、草の香り匂い立つジビーフ岡さん、タイミングよく六本木ヒルズのBから電話があって、「これ焼いてみろ、というのがあれば送ってほしい」と待ってましたとばかりのメッセージ。もう1本は、自然派ワインの大御所へ。このジビーフにどんなワインを合わせるのかと、ただただ僕の興味だけで送りました。さて、プロの手により岡さんどんなふうに変貌するのか楽しみです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

誠実な生産者が育てた肉を選びたい

某ライターさんから「新保さんは生産者になにを求めていますか?」と聞かれたのですが、「誠実」し

記事を読む

5年ぶりのALL THAT GIBEEF

2015年11月12日、ロテスリーレカンにて「ジビーフ“やいこ“と愛農ポーク」の食事会が開催された。

記事を読む

ジビーフ種牛タッキー肉になる

ジビーフの種牛タッキー(85ヶ月令)が肉になりました。奈緒子さん(生産者)と相談して、タッキーは去勢

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

ジビーフですき焼き、じつは初めてでドキドキしましたが健康な肉は食後の体が軽い

ジビーフですき焼き。ひと口めは慣れないせいか違和感があったが、食べ進めていくと意外とうまい。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930