*

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

公開日: : 2021/03/27 ジビーフ(完全放牧野生牛)

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』128ヶ月令。それにしても脂の黄色さ。

経産牛の脂の黄色さは見慣れていますが、これほどまでに黄色い脂を見るのは久しぶりです。

去勢や未経産の和牛の場合、腎臓を守るケンネ脂(すき焼きについてる脂ね)は、たっぷりしっかりついていますが、いよりんのケンネ脂は、長年の出産、子育てを物語っています。

いよりんは、右後肢股関節が開き、これ以上の妊娠出産は負担が大き過ぎると判断しての出荷屠畜になりました。

先月、様似へ伺ったときも、いよりんは足を引きずりながら辛そうでした。ガリガリに痩せ細って皮下脂肪も0.1㎝。身を削って、これまで8〜9頭の赤ちゃんを生んでくれました。

一般流通では間違いなく値がつかないと思います。でも、そんな一般的なことはどうでもよくて、僕なりに価値をつけて必要な人に届けられるように全身全霊で手当てしていきます。

ジビーフの世界観は特殊ですから、ご同業、畜産関係者には理解できない話かも知れません。僕は近江牛も扱っていますが、和牛の肥育とは真逆であり、根本が違うため比較するものでもありません。どちらが良いとか、そういうことではなく、人間でいうなら生き方みたいなものです。ただ、みんなが右を向けば、僕は左を向きたがる性格なので、そこで旗を立てることができれば、競争もストレスもない世界が創れるのではないかと思っています。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets × セトレマリーナびわ湖 in 生産者トークライブ

今日の滋賀は30度を超えた常夏状態で外仕事も汗が激しくとまらない。さすがに耐えられずに事務所

記事を読む

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

9月出荷予定のジビーフ

ジビーフツアーで伺ったときに、木下さん(木下牧場)からアドバイスを受けて、おいしい草が茂って

記事を読む

食彩の王国、関西は放送されなかったのですがすばらしい内容だったそうです

本日、テレビ朝日「食彩の王国」にてジビーフを取り上げていただきましたが、残念ながら関西は放送エリ

記事を読む

自由気ままなジビーフたち

猛暑も真冬もなんのその。365日放牧のジビーフたち。放牧は手がかからなくていいですね

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31