*

真夏でも真冬でも完全放牧ジビーフ

公開日: : 2018/09/02 ジビーフ(完全放牧野生牛)

「放牧系の牛を分けて欲しいのですが」という問い合わせが多い。メールもやらないし電話もでないので、うちのスタッフが対応しているのを聞いてて、まともな感じだったら変わってもらって少し話す程度。取引につながることもほとんどない。さっきも電話があって、うちの事務員が対応していたのだが途中でかわった。

いま使っている牛が放牧系なので他にも放牧系を探しているとのことだった。よく話を聞くと、いわゆる放牧もどきの牛だった。よくあることだ。こうなると面倒くさい。熟成肉と同じで、外で日向ぼっこさせてるだけでも放牧させてるという生産者がいるのでややこしい。たしかに放牧ともいえるが、できればお散歩と言ってほしい。

さて、あまりご存知ないかも知れませんが、日本で放牧で牛を飼っている人は少ないのです。僕がいう放牧とは季節放牧や時間制限放牧ではなく、365日真冬でも真夏でも雨の日も雪の日も牛舎に入らず山や野で暮らす完全放牧のことです。

ジビーフは完全放牧です。全て牛まかせですが、けっして楽ではありません。ほったらかしなので楽だと思われがちですがとんでもない。舎飼いのように一頭一頭を管理できないので日々の状態がわかりにくく、決められた時間に餌をやるわけでもないので、いったいどれだけ餌を食べたのかも分からない。熊に襲われる危険性もあり事故も起こりやすいのです。

放牧がよくて舎飼いがよくないというわけではありません。双方にメリット、デメリットがあります。ただ、売りやすいのは断然舎飼いの牛です。手当ても楽です。ジビーフは難しい。でも楽しくて仕方がない。使った人ならわかると思います。食べた人ならわかると思います。この味を知ってしまったら、だらしなく脂にまみれた肉は食べられない。味が抜けた赤身肉も食べられない。

覚悟を決めて命がけで完全放牧の道を選んだ生産者。だからこそ焼き手も食べ手も選びたい。生意気ですみません。

8/21屠畜のジビーフ、2週間で仕上げて余市へ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

完全放牧野生牛を訪ねて様似へ

完全放牧野生牛は、すでにきたやま南山、レストラン愛と胃袋、イルジョットで料理していただき味は

記事を読む

ジビーフを食べる会 in 遊山YUZAN

昨夜は、大阪南船場の遊山(YUZAN)さんにて『ジビーフを食べる会』が開催されました

記事を読む

ジビーフタッキーのボロネーゼ

ジビーフ種牛タッキー。他のジビーフと違ってとにかくデカイ。雌牛だらけの中に唯一の雄牛。まさしく男

記事を読む

ジビーフがJAS有機畜産認定となりました

ジビーフがJAS有機畜産認定されました。もともとはいろんな方から推薦を受けてのことだったので

記事を読む

肉Meets OF 2014 1st IN Restaurant 愛と胃袋

今年初の肉Meetsは「完全放牧野生牛」の内臓料理を味わおうと全国から三軒茶屋のRestau

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031