*

9/6発売のdancyuは新保吉伸特集です

公開日: : 2018/09/06 メディア

ときどき雑誌や新聞、テレビで取り上げていただくことがあります。内容は僕が扱う牛肉や豚肉であったり、根っこにある生産者のことであったり、サカエヤの取り組みであったり、星の数ほどある肉屋のなかからよくぞ滋賀の田舎者を探していただいたと驚きと感謝しかありません。

僕は19歳で肉の世界に入り、26歳で独立しました。そのときに肉の仕事を一生かけてやり切ろうと覚悟を決めました。肉の世界に入ったのも独立したのも早かったので、他の職を経験していません。もともと不器用なので肉のこと以外は何一つできませんし常識も欠落した部分があります。学歴もなければ趣味もありません。だからというわけでもないのですが、せめて肉だけは道を外れずに真っ当に清く正しくやってきたつもりです。肉に嘘をつくことは僕の存在価値そのものを自ら否定しているようなものですから。

独立して最初の肉屋は、2階建てアパートのテナントでした。3軒並びでうちが真中。右隣が喫茶店で左隣が新聞屋。潰れかけた肉屋を500万で引き取ってのスタートでした。じつは巧妙な手口で騙されたのですが、なんとか9年間やりました。2店舗目は自力で建てて20年やりました。そして昨年の9月に現店舗に移転しました。トータルで30年ですが、大きくはなにも変わっていません。枝肉仕入れて、捌いて、手当てして精肉にする。僕の仕事の基本はゆっくり時間をかけて肉を育てることです。

「新保吉伸」って名前、小さな頃は嫌だったのですが今は気に入ってます。両親がつけてくれた名前ですからね。本日発売のdancyuに「新保吉伸」が9ページに渡って特集されています。僕をよく知ってくれている松浦さんが密着して書いてくれたので魂が揺さぶられる内容です。ちょっと照れくさいですがよろしければお買い求めください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【価値創造】シチロウの肉を食す会は4月25日きたやま南山にて開催

シチロウのハラミはお世辞にも柔らかいとは言えないが、奥深い味と共に田野畑の景色がぼんやり想像できる

記事を読む

高値が続く牛肉相場はどこまで続くのか

生産者の方々と親しくしていると、否が応にも血統の話しが耳に入ってくる。肉屋と血統はあまり関係

記事を読む

赤身ブームの波、、、和牛にも

8日に放送されたワールドビジネスサテライト、霜降り肉のことも結構お話したのですが、番組が「“

記事を読む

ダイナースクラブカード『シグネチャー』4月号は絶対読んでほしい

ダイナースクラブカードの会員誌「シグネチャー」4月号。今号からはじまる「つなぐ人」の第一回目

記事を読む

12月22日発売のあまから手帖はおいしい平成特集

よろしければお手にとってくださいませ。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31