*

わくわく定期便3万円

公開日: : 2021/03/28 未分類

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、19800円、30000円の4パターン。

毎月内容を変えているのだが、だれにでも受け入れられる組み立てにするので幅が狭い。なので、牛、豚、鷄の3アイテムから決めるのだが、本当は内臓を入れたり、良いものが入荷したときだけジビエをいれたりと、やり方はいくらでもあるのだ。しかし、全員にそれをやってしまうと、好みがあるだろうし、クレームの可能性が大きい。では、知り合いだけでもと思うだろうが、毎日の発送件数のなかから1人だけ、2人だけを特別なことをやってしまうと、それだけで工程が大きく狂ってしまう。あくまでも「調理しやすい」と「お得」「おいしい肉」を前提として内容を考えているのです。

難しいのは、30000円のコースだ。当初は.さすがに毎月30000円のコースはだれも頼まないだろうと思っていた。「極端の回避性」を意識した値付けであれば9980円と19800円が売れると予測できるが、そういった戦略的なことは一切無視している。

料理でも、1万円の料理は作れるが3万円の料理は作れないと言われる。その意味がよく分かる。それが、和食屋でお会計時に7万円とか8万円とか言われると二度と行きたくない。郷ひろみや松田聖子がでてきてもそこまでいかない。それでも、予約で数ヶ月先まで埋まってるそうで、移動費や宿泊を伴う場合などは、いったいいくらの食事になるのか。

もはや、食事を楽しむというより、予約がとれないことに価値を感じるのか、高い金額に価値を感じるのか、トータルとしての食事なのか僕にはわからないけど、たし算ばかりの料理は疲れる。

牛肉にキャビアやウニをのせて、さらに季節によっては、アワビに松茸、蟹と高級食材を積み上げれば、えげつない値段になるのはわかる。そこに得体の知れないワインなんか開けた日には月末のカード明細が恐ろしい。食材には罪はないけど、なんとも下品な料理だこと。

レストランの在り方、料理人の姿勢、なによりも食べる客の質にも問題があるように思う。

昨夜は、いつもの食堂でお腹いっぱい食べて飲んで、店主とバカな話をしながら幸せな気分で家に帰った。あいかわらず食材の使い方がうまい。今日もおいしかった。

話がとんでもない方向にいってしまったが、30000円のわくわく定期便。もはや内容はあってないようなもの。発送時間ギリギリまで、あれもこれも、悩みながらもその日の特別を詰め込む。

サシの多いロースやヒレを入れれば簡単だし悩まずにすむのだが。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サカエヤ商品販売のご案内はFecebookページで

毎日、いろんな料理人の方と情報交換していますが、良い話なんてないです。みんな厳しいです。でも、僕の周

記事を読む

シンプルなカレーを作るためにシェフの力を借りて

「シンプルでおいしいもの」を突き詰めていくと、調味料は塩をパラパラと振りかける程度で食べれば

記事を読む

十勝若牛30日間の手当ての結果

帯広の小久保さん用に手当てした十勝若牛。ここから磨いていき、小久保さんをイメージしながら焼い

記事を読む

no image

チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料理人も多く参加しての会だったの

記事を読む

フランスからバザス牛とリムーザン牛入荷

フランスから届いたばかりのバザス牛(上)とリムーザン牛(下)。骨付きで入荷してくるのですが、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930