*

アルドール最後の日

公開日: : 2020/08/02 未分類

アルドールが終わった。
と言っても次のステージが今日からはじまる。

画像1

店はお客様が作り、料理人やそこで働く人はお客様に育てられ成長する。こんなに惜しまれて幕を閉じるレストランを見たことがありません。

画像2

すでに次のステージへ向かっているオーナーでもありピッツァイオーロの仲村さん(左)とアルドール愛に溢れて大泣きするお客様。みんな泣きたかったがこんなに泣かれたら泣くに泣けない。久しぶりに嗚咽する大人をみた。

画像3

この3年、アルドールにふさわしい牛を探し続けて、昨年からようやく沖縄県産の黒毛和牛を流通できるようになった。どこにでもある黒毛和牛ならアルドールで食べる意味がないので、子をたくさん産んだ経産牛だけに絞った。僕はスペインのバスクで食べた肉をイメージして仕上げた。沖縄県産で黒毛和牛でしかも経産という誰にも真似できない牛と手当て、そしてアルドールの料理。3年後には世界中がアルドールを知ることになるだろうと確信していたのだが。

画像4

アルドールは予約がぜったいとれないレストランになってしまったが、精神と意思はBACARに引き継がれる。そして、みなさんが感動したアルドールの料理はBACARでさらに深化する。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スペシャルなミンチ販売します

言いたいことは山ほどある。政治、和牛券、保障・・。でもね、いま僕がやらなければいけないことは

記事を読む

見た目や味ではなく背景で選んでもらえる牛肉

  子牛が誕生する瞬間をライブカメラから見守った。 木下さんがフェースブッ

記事を読む

経産牛、沖縄へ

〜ストーリーに味を乗せて〜 2005年10月14日、久米島の翁長さんところで生まれて、2019

記事を読む

大嶺實清さんのオーラでまくりのオブジェが届いた

先日沖縄へ行ってきたのだが、せっかくなので読谷村のやちむんの里まで足を延ばした。大嶺實清さん

記事を読む

259ヶ月齢と252ヶ月齢の経産牛がお肉になりました

6月9日に出荷した2頭のお母さん牛「きこ2:平成8年生まれ」と「のぞみ:平成5年生まれ」は、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31