*

MESEBABARDOR with SAKAEYA=誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

公開日: : 2019/04/18 イベント

この男、本番が近づくにつれ言葉数が少なくなった。着替えを済ませて歯を磨き髪をセットした。そして各テーブルに配置するメニュー表に手書きでなにやら書きだした。

どうもありがとう!!!

東京から大阪から日本中から沖縄まで、しかも北谷まで来てくれてどうもありがとう!!!

4月13日、14日の2日間、亀戸メゼババの高山シェフとアルドール、そして僕がチームを組んで北谷ARDORにてイベントを開催した。13日は35名着席、14日は立食パーティで50名、両日満席だ。

店名は「誰の真似でもない、今までの経験とその土地からしか生まれない、一夜限りのレストラン」

19時オープン。
竜宮城の扉が開くと吸い込まれるように人が入っていく。

今回のイベントは、昨年の夏に高山シェフがARDORを訪れた時のひと言がきっかけだった。とにかく打ち合わせを毎日のように繰り返し、東京でも集まり、さらに高山シェフがイベントのために沖縄の食材を視察に行ったりと100%の成功を目指して動いた。僕も仲村さんもみんなを感動させる自信はあった。でも、それだけでは満足しない。魂を揺さぶり永遠の余韻を刻むために一夜限りのレストランに命を吹き込んだ。

どれだけ興奮してどれだけ涙して、そしてどれだけ感動したのか、この1枚がすべて。東京中目黒「メグリヴァ」吉田シェフ、沖縄は「胃袋」関根シェフ、「タヴェルナ ナカマ 」中真シェフにもご参加頂き心で泣いた1枚。

僕は料理人ではない。僕の仕事はこの日のために肉を目利きして選抜すること。できる限り沖縄の食材を使いたいので石垣牛を仕入れた。でもなんか違う。もちろんおいしくはできるし感動してもらえる自信はあった。でも僕のなかで違和感が日増しに大きくなっていく。最終的に僕が選んだのは鹿児島県産の経産和牛だった。そう、いつもアルドールで比嘉シェフが焼いているそれだ。ギリギリまで悩んだがアルドールらしく比嘉シェフらしく。それを察してくれたかのようにメニューが心憎い。高山シェフの仕業だろう。

あぁ~~~、みんな食ってるよ。おいしそうに食ってるよ。
僕と仲村さんはカウンターからみんなの食べる姿、笑顔、声を聞きながら、それをサカナにグラスを傾けた。

さて、沖縄のパッションでスタートです!

ニライカナイの贈りもの〜前菜の盛り合わせ
ウツボのフリット
島だこの薪炭火焼
ガラサーミーバイ(石垣鯛)のカルパッチョ
夜光貝のマリネ
ティラジャー(こま貝)とモーイドーフ

クブシミ 自家製ミジュンのアンチョビ

えりちゃんのスペシャリテ
ほうき鶏ムネ肉 古式とうふよう

花のパスタ ノコギリガザミ

パッションフルーツのリゾット

赤仁ミーバイの薪炭火焼 ドノスティア コーレーグス 葉山椒 ソース

鹿児島県産、和牛経産のビステッカ
この肉で正解だった。

沖縄の卵、コラボチームで摘み取って乾燥させたやんばるの胡椒、本島南部ジョンさんの作る一年熟成パルミジャーノチーズを使った、高山シェフの代名詞ひんすーむん(貧乏人)のスパゲッティ

作りたてリコッタチーズと沖縄の蜂蜜

沖縄県産のコーヒー豆を深入り焙煎したコーヒーを使って

ARDOR風 ティラミス

真っ黒に焼いたパイナップルのデザート

拍手、感動、感謝、そして・・・・・・・

Grazie mille!!!

誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

2019年4月13日 19時OPEN 24時30分closed

PHOTO
Owan Chotro、松浦達也

アルドール (ARDOR)
沖縄県中頭郡北谷宮城3-223
098-926-0777

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛肉の価値を再構築する

農研機構の近畿地域マッチングフォーラムと日本産肉研究会の第10回学術集会が 14日と15日

記事を読む

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもい

記事を読む

次人くんを食べる会 in イルジョット

30日以上経ちますが、表面にうっすらとカビが確認できます。ドライエージングではなく、枝肉吊る

記事を読む

肉Meets × セトレマリーナびわ湖 in 生産者トークライブ

今日の滋賀は30度を超えた常夏状態で外仕事も汗が激しくとまらない。さすがに耐えられずに事務所

記事を読む

肉Meets in ル・ルビーは熟成肉とヴァンナチュールで大盛況でした

今回の集合写真も私の顔は真っ赤です(笑) 北九州小倉のル・ルビーさんで開催した

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031