*

持続可能な畜産賞

公開日: : 2023/09/09 未分類

今日は、日本経済新聞社が主催のグローバルイベント(9月5日〜8日まで開催)、Super DX/SUMに出席のため、室町日本橋の三井ホール&カンファレンスへ。
今回初めて創設されたプログラム「Super DX Cuisine AWARD」において、『持続可能な畜産賞』を受賞しました。

僕個人の受賞ではなく、生産者、肉屋、料理人をひとつのチームとして、評価していただいたことがめちゃくちゃ嬉しいです。選んでくれた審査員の方々に感謝いたします。
牛を飼う人がいなければ僕の仕事は成り立ちません。ひとつの命をいただくということに真摯に向き合い、その想いが強くなるほど、自分自身を追い込んだ良い仕事ができると思っています。

食のリレーは、土から始まりお皿で完結します。大地を力強く踏みしめる牛がいて、育てる人がいる。僕の使命は、肉と想いを受け取り、料理人へつなぐこと。

来月で独立して35年になります。満足できるような仕事は何一つできていませんが、今回の受賞は、少しだけ認めてもらえたのかなと、自分を甘やかすような気持ちになりました。たまにはいいですよね。明日からまた気を引き締めて頑張ります。

明日は、東京ミッドタウン八重洲にて、Super DX Cuisine AWARD Celebration Partyが開催され、各受賞者が料理を提供します。僕は予定があり参加できませんが、チームを代表して、ラ・ブリアンツァの奥野シェフが肉を焼いてくれます。迷うことなくジビーフを選びましたので、ご参加される方は、どうぞお楽しみくださいませ。

最後に、僕を信頼して肉を預けてくれる牛飼いのみなさん、嫌な顔ひとつせず一緒に歩んでくれている料理人のみなさん、そして、いつも応援してくださる友人知人のみなさん、サカエヤのスタッフたち、もちろん支えてくれてるお客様、心より感謝いたします。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ユッケ

今日のランチは、祇園の肉料理オカさんで。 周りを見渡せば、松阪牛に神戸ビーフと最高峰の銘柄牛ばかり

記事を読む

生産と販売と消費者と

僕たちの仕事は目立つことがない、いわば裏方です。目立つのはショーケースの精肉だけでいい。大量

記事を読む

格付けとしては最下位評価のC1そのお味は

日本の格付けは15通りからなりますが、最高峰は言わずと知れた「A5」です。ではいちばん評

記事を読む

比較は悲劇のはじまり

正月気分というまったり感は年々薄れていくように感じています。元旦はお節に日本酒でそれなりに満喫しまし

記事を読む

テレビをつけながらデスクワークをしていたら、車いすバスケの藤井郁美さんがでていた。乳がんを含めた

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30