*

研修希望者が後を絶ちませんが受け入れはよほどでない限りしていません

公開日: : 2020/01/25 未分類

研修させてほしいと後が絶えない。肉を知りたい、扱い方を覚えたいと思ってもらえることは正直嬉しい。ただ、知らない方や同業者は勘弁してほしい。実際にお会いしたことがある方でも、うちの雰囲気に合わなさそうな人はちょっとね・・・。結局は、取引先のシェフやスタッフ、おもしろそうな若者(料理人のみ)しか受け入れしないんですけどね。だって、社員でもない人を数日預かるって結構大変なんですよ。知り合いの子供が夏休みに泊まりに来るようなものです。

まず何日間研修するのか、なんのために研修するのか、このあたりがあやふやな人がいます。もっとも多いのが2〜3日の研修希望。次に1週間とか2週間。実際これだと研修にならない。アルバイトと同じ仕事をしてもらって終わってしまう。それでもいいと言う人もいますが、短期間で教えられることってないですね。雰囲気だけでもと粘る人もいますが、それも困りますね。

基本的なことなら最低でも3ヶ月、しっかり覚えたければ3年は働いてもらわないと身につかないです。技術を覚えるってそういうことじゃないかな。

研修希望者でもっとも多いのが料理人です。料理人でも肉の扱いが上手な人はいますよ。僕こそ勉強になることがたくさんあります。ただ、僕と料理人では肉の扱い方がまったく違います。包丁の持ち方から立ち位置まで違います。僕は料理はわかりませんが、料理に適した肉は選べますし、そのための手当てができます。このあたりを身につけるにはやはり3年はかかります。

短期研修でしたが、間もなく石井まなみさんの研修が終わります。石井さんは神戸のカセントで福本シェフの下で8年間勤め、最後はスーシェフとして活躍後、現在スペインの新進気鋭のシェフ、ルシアさんの元、Restaurant A tafona by Lucia Freitasで働いています。短期間の研修なので僕が直接指導することはなく、アルバイトの作業程度でしたが、感度が高く、こういう女性が食肉業界に身を投じてくれれば未来は明るいのですが、なかなか難しいですね。おもしろい仕事なんですけどね。

どちらにしても、感度の良い人は単純作業こそ素質がわかります。彼女がいつか自分のレストランをオープンして、僕が手当した肉を豪快に繊細に料理してくれる日が楽しみです。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料理人も多く参加しての会だったの

記事を読む

見た目や味ではなく背景で選んでもらえる牛肉

  子牛が誕生する瞬間をライブカメラから見守った。 木下さんがフェースブッ

記事を読む

「肉が本来持っている味と香り」を超えない手当てと超える手当て。

味が短調な肉はあっさりしているが変化がないので食べ飽きる。なのでフレンチの技

記事を読む

スペシャルなミンチ販売します

言いたいことは山ほどある。政治、和牛券、保障・・。でもね、いま僕がやらなければいけないことは

記事を読む

格付けとしては最下位評価のC1そのお味は

日本の格付けは15通りからなりますが、最高峰は言わずと知れた「A5」です。ではいちばん評

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930