*

新生セジール令和2年初イベントはナチュールワインのディオニーさんと

公開日: : 2020/01/21 イベント

昨年の11月に溝口シェフを迎えて第2章をスタートした新生セジール。新年最初のイベントはディオニー(ナチュラルワインのインポーター)×セジールのコラボ会でした。僕はノータッチで2か月前から溝口シェフとディオニーの遠矢さんで何度も試飲と試食を繰り返し当日を迎えたのでした。

 修行時代の溝口シェフ

溝口シェフはイッタリア全土を旅と修行で明け暮れ、州と州の狭間の郷土料理を学びました。得意なのはいったい何種類作れるのかと驚愕のパスタとスープの種類の多さです。そこにサカエヤの肉や内臓を絡ませていくのですが、どれもこれも食べたことがないものばかり。例えば、いままで処理に困っていた気管も煮込んでスープにします。お恥ずかしい話、試食を頼まれたときに小腸だと勘違いしてしまいました。

さて、当日の料理ですが料理名がややこしいので省きます(笑)

メインの肉は、当初ジビーフで考えていたのですが、当日確認したところ大きく味が変化していたので、事前に合わせたワインとの相性がよくない。ワインを変更するにも時間がないので、肉をワインに寄せることに。となるとメインに出す2種類の肉のうち、最初の肉を変更する必要がでてきます。肉を食べる順番も重要で、放牧系の肉をメインにする場合、その前の肉は味が濃いものを持ってきます。かといってロース系のサシが多いものは疲れますので、この日は近江牛のランイチ(写真)をWメインの一番目に。そして2番目に吉田牧場さんのブラウンスイス牛40日熟成をもってきました。

お客さんの反応がおもしろくて、近江牛のときはわいわいガヤガヤ騒がしく、ブラウンスイス牛のときはみなさん無言。噛みしめて脳で咀嚼しているかのようでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

L’Archeste&Saisir Collaboration Event

何年前だったかな・・ パリのユーゴデノワイエの店で食事していた時だった。激しく動き回る日本人がいた

記事を読む

吟撰但馬系「プレミア近江牛」お披露目会

10年後の畜産業界を担うイベント 私は今回の吟撰但馬系「プレミア近江牛」お披露目会は、

記事を読む

まぐろと牛肉イルジョットにて

6月5日、まぐろの仲買人、フジタ水産の藤田さんと新橋のしみずさんで鮨を食べた。写真がモノクロ

記事を読む

赤身和牛食べ比べ試食会

15日、16日の2日間は南山dayで、まずは15日の模様から。 昨年から定期的に開催さ

記事を読む

牛肉の価値を再構築する

農研機構の近畿地域マッチングフォーラムと日本産肉研究会の第10回学術集会が 14日と15日

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031