*

コミュニティ

公開日: : 2023/09/16 雑記

>新保さん、きっと気にいると思うよ

と言われて誘われたレストラン。扉を開けると厨房が目に入った。シェフが僕の顔をみてニコッと微笑む。サービスの方が、緊張するわぁ〜、と言いながら出迎えてくれた。メニューはアラカルトのみ。ワインリストもない。

街中を歩いていると、あちこちにレストランがある。ふらっと入ることはないので、この店も誘われてなければ行くことはなかっただろう。どの料理もシンプルだけど、なにを食べてもおいしい。ワインは料理に合わせて数本持ってきてもらい、そこから選ぶスタイルのようだ。

レストランで僕がいつも思うことがある。それは、シェフが魅力的かどうかだ。「気にいると思うよ」という言葉通り、いや、それ以上だった。

12年目になるというこのレストラン。自宅から徒歩で行ける距離なのにまったく知らなかった。店の前は何度も通ったことがある。あとで思いだしたのだが、何年か前に、尊敬する摘み草の大将から「めっちゃおいしいレストランあるので、一緒に行きましょう」と誘われていたのです。僕の「行きたいレストラン」のメモ帳を開くと、まさにこの店だった。

なぜ、この店が広く認知されていないのか。流行ってないわけじゃなくて、僕が滞在している間も、問い合わせの電話はひっきりなしで、その都度、その日は満席で、、とお断りしていた。でも、予約困難店とかではなくて、ちょうどいいバランスでご近所の方に愛されているレストランといった感じなのです。

けっして有名店になりたいわけではなく、自分たちのペースで、モードに流されることなく、ここまでやってきたのだろう。それは、店側だけではなく、お客さんも心得ていて、おそらく、コロナ禍でも困ることなく営業できていたんじゃないかな。こういう店は、小さなコミュニティができていて強いですね。

飲食店の大半はお客さんを選べません。なので望まない客が来ることもあるでしょう。でも、ここはきっと素敵なお客さんたちが、店を作っているのでしょうね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉屋としての僕の考え方

和牛の最高峰は言わずと知れた「A5」ですが、A5のなかでも5段階あって8〜12の数字で区別されます。

記事を読む

業界内からの脱皮、ギフトパッケージ

5~6年前に「クリック&モルタル」という言葉をよく耳にした。 クリック&モルタルとは、「ク

記事を読む

消費者の欲求は変化していくもの

愛農ナチュラルポークのイベントが3月4日(徳島)、3月20日(東京)開催されることになった。

記事を読む

知識だけでは売れない、商品愛がなければ

餅は餅屋というけど、最近は専門店でもそれほど商品に詳しくない人が多い気がする。 かと思

記事を読む

エシカルな時代がやってきた!

今月は講演が多く、自分がいったい何屋なのかと思うぐらい少しハードだ。 正真正銘、肉屋で

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031