*

手間隙かけたものは高くてあたりまえ

公開日: : 2012/05/28 雑記

P1020654.JPG

久しぶりに「コムデギャルソン」のポロシャツを買ってみた。

たまたまだが、ニュースサイトに川久保玲さんの興味深いインタビューが掲載されていたのをみつけた。

内容は、09年12月の朝日新聞のインタビューのもので、

「ジーンズ1本が何百円なんてありえない。どこかの工程で誰かが泣いているかもしれないのに、
安い服を着ていていいのか」と、いわゆるファストファションに対する批判を展開したもの。

そして、「いいものは人の手や時間、努力が必要なので、どうしても高くなってしまう。
効率だけを求めていると、将来的にはいいものが作れなくなってしまいます」
と、同様の主張を展開したものだった。

2年前から木下牧場さんにお願いして、国産飼料だけで牛を育ててもらっている。

サイレージも通常の2倍で国産で揃わない飼料は、外国産にシフトするのではなく
国産の代用品を探すなどとにかく大変。

おかげさまで病気することもなく順調よく育ってきている。
7月に出荷の予定なのだが、格付けを無視した育て方をしているので
たぶん赤身の多い肉に仕上がりそうだ。

あえて格付けを予測するなら、よくてもA3あたりだろう。

牛の生産者はなぜ国産飼料を使わないのかというと
まずは高くてコストが合わない。そして品物が揃わない。
だから、どうしても輸入ものに頼ってしまうのが現状なのだ

それをあえて国産飼料だけで育てるということは
本来なら考えられないことでリスクのほうが大きい。

出荷を控えて最終価格をだしてみたのだが予想以上に高くついた。
予測仕上がりと反比例して、A5並みの価格になりそうだ。

現在の日本の牛肉事情からすれば
間違いなく採算はとれないし見合わないやり方だ。

簡単に言うと、見た目はA3で価格はA5というわけだ。
一般的(業界的)にはありえないことだが、いいものを時間と手間をかけて作ればこういう結果になる。

今の日本の畜産事情ではこれでは経営は成り立たないが、こういった牛を育てていっても
十分に生活ができ、なおかつ生産意欲がわくような価格での取引が続けられるよう努力したい。

なお、この牛肉は7月に京都のきたやま南山、大津のダイニングMooにて販売を開始する。

その後、近江牛.comでもご購入いただけますのでお楽しみに~(^^)

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

誤表示に偽装問題、さらにTPPと問題は山積みだが・・・

昨日は、近江牛枝肉共進会が開催された。通常のセリとは異なり、いわばコンテストのようなもの。生

記事を読む

茂野さんのle 14e(ル・キャトーズィエム)がオープンしました

遂に茂野さんの店がオープンしました。 le 14e(ル・キャトーズィエム) 京都市上

記事を読む

ブレない経営を持続させるには

北海道幕別町に日本でも数少ない無農薬無肥料で「ジャガイモ・大豆・小豆」を生産する生産者がいる

記事を読む

謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない

JR南草津駅から徒歩5分、サルティンボッカというイタリアンレストランがある。 木村シェフ(

記事を読む

食べ手について

生産者がいて料理人がいて食べ手がいる。まぁそうなんですが、フードロスについて調べていたら、や

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031