*

6月17日父の日はおいしいお肉を食卓へ

公開日: : 2012/06/14 近江牛

_N7K1804.JPG

頻繁に売れるものではないが、誕生日のお祝いや父の日によく売れるのが
写真の近江牛みそ漬けだ。

購入される方は、ご年配の方や普段は肉を食べない方が多い。
というのも、京都の白粒みそに漬け込むことによって食感がマイルドになり
ものすごく食べやすくなるのだ。

いわゆる〝やさしい味〟というわけだ。

「昔は、脂っこい肉が好きやったけど、年いったらあかんわ~」

とお嘆きの方にこそおススメしたいのが近江牛みそ漬けです。

普段はあまり売れない100g4200円の近江牛吟撰ロースすきやき用がよく売れるのも
父の日をはじめとするお祝い事だ。

よくお店で販売している商品と、サイトで販売している商品は同じですか?
という問い合わせをいただくのだが、実店舗とサイトでは異なる商品を販売している。

なかには、同じようなものもあるのだが、品数としては実店舗のほうが多い。

実店舗もサイトも意識しているのは「3タイプの品揃え」だ。

・ほっといても売れる商品

・店が売りたい商品

・あまり売れないけど、ないと困る商品

この3つを意識しながら商品作りをしている。

「ほっといても売れる商品」は、実店舗ではこの時期、BBQの安価な肉だ。
いわゆる夏の定番商品で、学生でも買える価格帯でわざわざPRしなくても売れる。
サイトなら、普段使いの近江牛切り落としあたりだろう。

「店が売りたい商品」は、実店舗では、赤身肉に力を入れているので
価格帯が100g700円~1050円のすき焼き用の肉だ。
サイトなら、近江牛熟成肉だ。

「あまり売れないけど、ないと困る商品」は、実店舗でもサイトでも同じで
100g4200円のすきやき用だ。

肉屋用語で「天(テン)」と呼ばれるもので、店の看板商品を指す。
近江牛専門店を名乗っているいる以上、これぞ近江牛という看板商品は必要だ。

店頭の陳列ケースに鎮座する神々しいまでの「100g4200円」をガラス越しにみる
お客さんの反応は、「おぉー、さすが近江牛!」「うまそうやなー、手がでえへんけど」
と言ったことを口々にしながら買い物を楽しまれる。

もちろん、置物ではないので、この商品にもしっかりとファンはついているわけだが
正直それほど売れるものではない。

とまぁ、こんな感じで当店では商品を3タイプに分けて意識しているのだが
あくまでも、店側の都合ではなく、お客様のニーズ、季節、若干のブームも考慮しながら
棚割している。

6月17日は父の日です。

15日までにご注文いただけましたら父の日当日にお届け可能です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

韓流焼きしゃぶチャドルバギ(차돌박이)を近江牛ブリスケでアレンジ

韓国へは数えきれないほど行っているが チャドルバギ(チャドルベギともいう)を食べたのは初め

記事を読む

おもてなし溢れた傑作な料理はクレメンティアで

滝川クリステルさんが2020 東京オリンピック・パラリンピックの最終プレゼンで「お・も・て・

記事を読む

霜降り肉をあっさりとした食感に仕上げるために

むかしの肉ってこんなにサシが入ってたっけ?... 数日前に同業者の方と話したときの会話ですが

記事を読む

また食べたいね、といっていただける牛肉

昨日は、近江牛のセリでした。 通常のセリではなく、共進会といって枝肉の品評会で わか

記事を読む

歯ごたえを感じながら甘みと香りを纏ったソトヒラがおいしく仕上がりました

昨年の11月に骨付きの状態で冷蔵庫に吊るしておいたソトヒラですが、これが驚くほどおいしくなっ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
まぐろと牛肉イルジョットにて

6月5日、まぐろの仲買人、フジタ水産の藤田さんと新橋のしみずさ

サカエヤ× チェンチwith うえとコラボ会

7月1日に開催した「上田(うえと)×坂本(チェンチ)×新保(サ

凱旋帰国の仙女里村明衣子さんと小朝さん

沖縄北谷のアルドールで比嘉シェフと美紀子さんのパーティーに出席して翌日

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031