*

6月17日父の日はおいしいお肉を食卓へ

公開日: : 2012/06/14 近江牛

_N7K1804.JPG

頻繁に売れるものではないが、誕生日のお祝いや父の日によく売れるのが
写真の近江牛みそ漬けだ。

購入される方は、ご年配の方や普段は肉を食べない方が多い。
というのも、京都の白粒みそに漬け込むことによって食感がマイルドになり
ものすごく食べやすくなるのだ。

いわゆる〝やさしい味〟というわけだ。

「昔は、脂っこい肉が好きやったけど、年いったらあかんわ~」

とお嘆きの方にこそおススメしたいのが近江牛みそ漬けです。

普段はあまり売れない100g4200円の近江牛吟撰ロースすきやき用がよく売れるのも
父の日をはじめとするお祝い事だ。

よくお店で販売している商品と、サイトで販売している商品は同じですか?
という問い合わせをいただくのだが、実店舗とサイトでは異なる商品を販売している。

なかには、同じようなものもあるのだが、品数としては実店舗のほうが多い。

実店舗もサイトも意識しているのは「3タイプの品揃え」だ。

・ほっといても売れる商品

・店が売りたい商品

・あまり売れないけど、ないと困る商品

この3つを意識しながら商品作りをしている。

「ほっといても売れる商品」は、実店舗ではこの時期、BBQの安価な肉だ。
いわゆる夏の定番商品で、学生でも買える価格帯でわざわざPRしなくても売れる。
サイトなら、普段使いの近江牛切り落としあたりだろう。

「店が売りたい商品」は、実店舗では、赤身肉に力を入れているので
価格帯が100g700円~1050円のすき焼き用の肉だ。
サイトなら、近江牛熟成肉だ。

「あまり売れないけど、ないと困る商品」は、実店舗でもサイトでも同じで
100g4200円のすきやき用だ。

肉屋用語で「天(テン)」と呼ばれるもので、店の看板商品を指す。
近江牛専門店を名乗っているいる以上、これぞ近江牛という看板商品は必要だ。

店頭の陳列ケースに鎮座する神々しいまでの「100g4200円」をガラス越しにみる
お客さんの反応は、「おぉー、さすが近江牛!」「うまそうやなー、手がでえへんけど」
と言ったことを口々にしながら買い物を楽しまれる。

もちろん、置物ではないので、この商品にもしっかりとファンはついているわけだが
正直それほど売れるものではない。

とまぁ、こんな感じで当店では商品を3タイプに分けて意識しているのだが
あくまでも、店側の都合ではなく、お客様のニーズ、季節、若干のブームも考慮しながら
棚割している。

6月17日は父の日です。

15日までにご注文いただけましたら父の日当日にお届け可能です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

神戸bb9で坂井シェフの薪焼きに魅了された3時間は余韻をひきずりまくるほど幸せなひとときでした

看板がない、と思ったら・・・ よーく見ないとわからないほど小さかった(笑)

記事を読む

おいしい肉を作るには手仕事しかないのです

私のお肉を扱ってくれているシェフたちの多くが40代です。自分の手に負えないほどたくさんの取引

記事を読む

ブームに左右されない息の長い商品

食べるラー油の次は塩麹が流行っているが ブームの陰には必ず火付け役がいる。 私も肉に

記事を読む

トモスネの吊るし焼肉が意外とうまい

トモスネ(後足のスネ)は、脂肪分が少なく筋も多く肉質は硬めなので用途としては、ミンチ

記事を読む

見た目や味ではなく背景で選んでもらえる牛肉

  子牛が誕生する瞬間をライブカメラから見守った。 木下さんがフェースブッ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930