*

最高ランク「A5」が美味しいはウソ?

公開日: : 2012/06/05 雑記

IMG_8507_R.jpg

しばらく音沙汰がなかった業務用の問い合わせが
ここ2~3日で急増している(→クリック

問い合わせ内容は様々なのだが、10人に8人が「A5」を限定して発注してくる。

A5のトモバラ、A5のクラシタ、A5のヒレ・・・

こんな感じだ。

「A5」という表示は、焼肉店やステーキ店、ホテルの洋食店でもみかけることがあるので
ご存知の方も多いのではないのでしょうか。

意味は知らなくても、「A5=良い肉」というイメージが強くあり、これはグルメ番組や
情報雑誌の影響が大きいかと思われます。

「A5」というのは、そもそも流通や取引きの中での目安であって、「肉の等級」を示す
表記なのです。もちろん、「A5」だけではなく「A4」も「A3」もあるわけです。

格付け.JPG

「A5」を使っています!とアピールしたがるのは、「A5」が最高の格付けだからなのです。

だからといって、最高等級の「A5」が一番おいしい牛肉なのか、と言うと答えはNOです。

表をご覧いただくとわかるように、「A」「B」「C」の英字は、牛一頭からとれる肉の
割合(歩留まり等級)を示します。

1~5の数字は、大きい数ほどサシ(霜降り)がたくさん入っている(肉質等級)ことを示します。

つまり、「A5」は簡単にいうと、「美しいサシがたくさん入った肉の証明」なのです。
サシが入った肉を芸術的にたとえることがあるが、そういう意味では、「A5」は肉の芸術点といってもいいかも知れません。

一方、生産者側からみた「A5」はどうかと言うと、「A5」に近づくように牛を肥育するのですが
まかり間違っても和牛を「A3」や「A2」になるように育てています、といった生産者はいない
でしょう。

生産者の事情は、高く売れないと経営が成り立たない点が一番大きいのですが
そのためにも、高値で売れる「A5」に近づくよう育てるのです。

「A5」の中には、近江牛や松阪牛のチャピオン牛もいれば、ノーブランド牛もいるのですが
際立つのはブランド和牛ばかりで、ノーブランド牛はなんとかメジャーにしようと一生懸命なのです。

一般的にはほとんど知られていないが、「A5」にはBMS(ビーフマーブリングスタンダード)
という5つの区分があり、脂肪交雑、つまりサシを評価する基準があるのです。(→クリック

ところが、消費者には、「A5」としか伝わっていないから、このあたりが味との誤差があり
正確性に欠ける一方的な情報の伝え方、乱暴な言い方をすれば操作した伝え方のように思うのだ。

「A5」の肉はくどいから・・・

なにも「A5」を否定しているわけではない。

サシがたくさん入った肉はくどいから食べられない。
そういった声をよく耳にするが、1枚、2枚食べる程度ならおいしくいただける。
個人的には、焼肉よりしゃぶしゃぶにしたほうが食感はいい。

最近の傾向から、赤身肉がブームになりつつあるのだが
実際のところ、肉好きには赤身が多い「A2」や「A3」あたりが向いているのかも知れない。

どちらにしても、消費者は情報に操作されずにおいしい牛肉ライフを楽しんでいただきたい。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お腹を満たす時代から舌で楽しむ時代、そして頭で楽しむ時代へ

写真はサルティンボッカで焼いてもらったリブロースの熟成肉だ。 サーロインと違ってカブリのと

記事を読む

決定!GQレストラン&居酒屋・オブ・ザ・イヤー2017にてセジールがモスト・サステイナブル賞

GQ Restaurant of the Year 2017 決定!GQレストラン&居酒屋

記事を読む

送料変更のお知らせ

昨年よりヤマト運輸が運賃値上げでワーワーギャーギャー言うてまして、今年に入り通販仲間からとん

記事を読む

接客は「こころ」そう思いませんか

近江牛のラグーソーススパゲティ[/caption] 昨日は、気のおけない友人たちとの新年会で

記事を読む

だれが育てた肉なのか

当店の仕入れは、セリか相対(農家さんと直接取引)を基本としているのですが、付き合いとして問屋

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930