*

仕入れは価格より品質重視

公開日: : 2014/02/02 雑記

IMG_2898

昨日に引き続き、イルジョットの高橋シェフですがすごく楽しそうに肉を焼いているのが写真からも伝わります。この日は私たちのグループで貸切、1人で料理する高橋シェフの完全キャパオーバー、、、なのにですよ、楽しそうに肉を焼いているのです。

余裕のないシェフならイライラして眉間にシワを寄せながらスタッフだけじゃなくお客さんにも嫌な空気が伝わっているところです。

いくら良い食材を調理しても、シェフが不機嫌であればあるほど料理はマズくなると思うのです。つまりおいしい料理は商品環境が整っていてこそ成り立つのであって、食材や料理人の技術だけでは補えないものがあるのです。おいしさとはサービスも含めてトータルであり、そういう店が顧客満足度が高いのです。

昨日、ある方と話していて、新保さんのお肉を扱っている店はオーナーシェフが多くないですか?、、、と言われた。そういえば多いかもと指折り数えるとやはり多かったのです。

大型店は別として、10~30席規模の小さな店はほとんどがオーナーシェフです。そしてみなさん共通しているのが、儲かっていないということです。これは悪い意味じゃないですよ。ちゃんと生活できるレベルで営業されていますし客入りも悪くありません。どちらかといえば流行っている部類に入ります。それにしては儲かっていないということです。良心的という意味でもありません。惚れ込んだ食材は仕入れ価格関係なく買ってしまうからです。かくいう私もそうなのですが(笑)

チェーン店やオーナーが遠隔操作している店はとにかく数字。物事1つ決めるのにも時間がかかります。余談ですが、肉Meetsはオーナーシェフのいる店でやることがほとんどですが、理由は打ち合わせがスムーズで即決できるからです。以前、ある店で肉Meetsをやる手筈で事を進めていたのですが、オーナーが忙しい方で、料理人とのやりとりになったのですが、これが面倒で1つのことを進めるのにもいちいちオーナーのお伺いを立てるので時間がかかって仕方がないのです。結局私がしびれを切らしてやめてしまったのですが、あと仕入れ価格も厳しいですね。

良いものを安く仕入れたい気持ちは分かりますが、オーナーシェフは食材に惚れ込む性質の方が多く、仕入れは価格より品質を重視するむきがあるようです。

15年以上も前になりますが、ホテルと取引していたころ、仕入れ業者から少しでも安く仕入れるために業者から必死に食材を買い叩くわけです。こうした努力が報われることなんて私はないと思っています。一方だけが得をする商売は長い目で見れば成り立たないと思うのです。結局このホテルは倒産してしまいましたが、業者間ではそりゃ潰れるわな、という話で持ちきりでした。安く仕入れることが悪ではないにしても三方よしの精神でなければ気持ちの良い取引なんてできないのです。

大手のチェーン店なんかだと品質の下限を決めている場合が多いのですが、たとえば、一定の水準を下回る食材は持っていかない。肉色、硬さ、筋の多さ、脂の割合などです。私にはこういった取り決めで取引することはできませんが、ここでも格付け同様、味はあまり関係ないのです。

私は、価格よりもおいしい肉になるように品質を重視していますがたまには失敗もします。それでもチャレンジさせてくれる心優しい料理人のみなさんに囲まれてありがたい限りです。

さて、たくさんのお問い合わせをいただいております木下牧場さんの近江牛ですが、やっと熟成を終えて(ドライエージングではなく枝肉熟成という意味)明日より販売開始となります。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

だれが育てた肉なのか

当店の仕入れは、セリか相対(農家さんと直接取引)を基本としているのですが、付き合いとして問屋

記事を読む

「A5=おいしい」は間違い

経済産業省中小企業庁委託事業として開催されている 情報啓発モラルセミナーの東京講演に出講さ

記事を読む

あと3日、ここからがさらに忙しくなるのでエンジン全開です

  今日あたりから同業者のみなさまも猛烈に忙しいんじゃないでしょうか。忙しい

記事を読む

A5になるように育てた牛ではなく、結果がA5だったという牛はなにが違うのか

「いわゆるA5」とは真逆の牛ばかり扱っているので僕がA5を嫌いだと勘違いされている方がいるよ

記事を読む

お好みのお肉と巡り合うためには

味の確認のために自己消費量が多くなりがちですが、付け合せのフライドポテトも肉同様に揚げ方にこ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930