*

味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーでアスパラを味わう

公開日: : 2013/05/22 雑記

IMG_7600

少し前になるが、味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーに参加させていただいた。第1回目ということで、北海道十勝産のとれたてアスパラを様々な調理方法、調味料で食べ比べするというもの。アスパラはスーパーでもよく見かける身近な食材。ただ、十勝産のアスパラは太くて甘みがあり、私の近所ではお目にかかることはない。

普段アスパラを食べるときって味わうという感覚はなく、パクパクパクと一気に食べてしまうのではないだろうか。じつは、アスパラは茎の部分より先に行くほど甘くなり、この日は5分くらいだったか、ゆっくり時間をかけて味わった。

私は、1本のアスパラを5分割にしてそれぞれを味わったのだが、見事に味が異なった。苦味が強い部分があったり、逆に甘みが強い部分があったりと、1本のアスパラでもこれだけ味の違いがあるのかと驚いた。

さらに、「生、ゆでる、蒸す、焼く、電子レンジ調理」の5つの食べ方と、「岩塩、海塩、食卓塩、手作りマヨネーズ」で味の違いを知るために食べ比べもしたのだが、私は焼きが一番おいしく、調味料は岩塩で食べたアスパラがおいしかった。

IMG_7629

最初に5つにカットして味わったとき、無意識ではあったが牛の格付けを連想してしまった。茎の部分がA2で先端部分の甘みが強い部分がA5みたいな感じだ。私は真ん中部分が一番おいしく感じたので、さしずめA3といったところだろうか。

IMG_7691

現在の牛肉の評価はA5が最高ランクとされているが、これは何度も書いているが評価する「ものさし」であって味はあまり関係していない。

テレビなどメディアの一方的な情報発信により、牛肉は「A5=おいしい」と味に関してもA5が最強と思い込まされているようなところがあるが、最近ではサシが強い肉を敬遠する方が増えつつあることから、ようやく消費者の方にも格付けと味は関係ないということがバレはじめている。このあたりは、なにを隠そう畜産関係者こそが一番激しく思いこんでいるいるのではないだろうか。いわゆる霜降り信仰というやつだ。

他国の畜産事情を少し紹介すると、牛肉大国といわれているフランスでは、肉用品種だけでも約20種あり、しかも25等級にランク付けされている。

部位も47にわけられるというから日本の畜産事情からは考えられない。日本のようにサシ重視ではなく、霜降り度合いが高ければ高いほど高評価というわけではない。

脂肪率等級では、標準的な3が消費者の好む最高ランクとみなされる。

つまりは、見た目よりも「味」が最重要視されているということだ。さすが畜産大国といわれているフランス、日本の畜産も本来はこうあるべきなのだがおそらく無理だろう。ただ、私も格付けを否定しているわけではなく、それはそれで評価基準としては重要だと思っている。

ただ、格付け評価と私が好む味は反比例しているので、そのあたりは独自の目線でこれからも私がおいしいと思う牛肉を紹介していきたい。

近江牛ミスジ

当サイトでも販売している「みすじ」だが、みすじと聞いただけで「おいしい」「食べたい」という人がいるのではないだろうか。これなんかも「幻のみすじ」とか、煽る方がいるから消費者が勘違いするわけで、私は個人的にはそれほど好きな部位ではない。あまり書きすぎて売れなくなると困るのだが、実際、写真のみすじのようにサシが強く入ったものは1~2枚程度がおいしく食べられるわけで、5枚も6枚も食べれば胃もたれしてしまう。

わくわく定期便の会員さまは、赤身好きな方が多いのですが、焼肉用の肉がメニューに組み込まれているときは、あえてサシの多い部分を1~2枚入れることによって、赤身のうまさを引き立て、さらに普段は避けているサシの多い肉もおいしく食べられるように工夫しています。

もちろん、会員さまの好みを熟知している場合ですが、こういうことって肉をカットしていて楽しいんですよね。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

商品を売るのではなく考え方を売る

いやぁー、便利になったものだ。 10年程前、三重県阿山(現在の伊賀市)のゴルフ場へ出入り(

記事を読む

褒められたい生産者、喜ばれたい生産者

撮影:中塚麿美[/caption]   今日はある雑誌の企画で、さかえや店舗

記事を読む

技術取得についての考え方

あるシェフとの会話でなるほどと納得したことがありました。シェフは長年パリで修行したのち帰国後

記事を読む

業界内からの脱皮、ギフトパッケージ

5~6年前に「クリック&モルタル」という言葉をよく耳にした。 クリック&モルタルとは、「ク

記事を読む

格付けの時代はそのうち終わるかも

先日、イルジョットにて食べ比べた肉たち。奥から黒毛和牛の経産牛(50日熟成)と手前が近江牛の

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年10月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031