*

ファンづくりは本音をサイトに反映させているかどうかなのだ…と思う

公開日: : 2012/10/01 雑記

0809-19.jpg

今日はセリでいつものように木下牧場の枝肉を落札。
しかし、近江牛の高騰ぶりはいったいどうなっているのか。

購買者のため息が印象的なセリだった。

さて、昨年の10月17日にリニューアルしてから1年が経過しようとしている。

おかげさまで、たくさんのお客様に支持されて、毎月良い結果を残している。

お客さまからの「声」も以前よりたくさん頂戴するようになり
なによりも励みになる。

あるお客様から、かなり分析した感想をいただいたので
紹介したい(内容は私の言葉に置き換えています)

近江牛ドットコムで買う理由は、商品の押しつけがないとこだ。
他サイトは、A5だの雌牛だのとこれって店の主張ばかりで一方通行ではないか。

その点、近江牛ドットコムは都合の悪いことも書いている。

特に霜降り肉のくだりは、そこまでマイナスなことを書いていいのか?
と思いながらも霜降り肉を買ってしまった私がいる。

とまぁ、このようなことを感想として送ってくれる方が結構な人数いるわけだ。

昨日、台風だというのにWINEBARで熟成肉の会を開催した。
WINEと熟成肉とのマリアージュを楽しもうというわけで
大阪や神戸からその道のプロたちが集まった。

WINEBARのオーナーによるセレクトは秀逸だった。
私の好きなワインを選んだだけだと控えめに言っていたが
そのセレクトに共感した人が客となり店を盛り上がるのだと思う。

私の考えも同じで、自分の商品でも欠点をさらけだし、
それでも買ってくれる人が近江牛ドットコムのファンだと思うのだ。

【お知らせ】
近江牛熟成肉の仕上がりが遅れており、このままでいくと11月後半から
しばらく売切れの可能性があります。できましたらお早目のご予約をお願いします。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

技術取得についての考え方

あるシェフとの会話でなるほどと納得したことがありました。シェフは長年パリで修行したのち帰国後

記事を読む

牛肉は手間ひまかけた分だけおいしくなる

昨日は神戸牛の勉強会(食肉塾)へお招きいただき、熟成肉についてお話しさせていただきました(写

記事を読む

完全放牧のアンガス牛、まずはサルティンボッカの木村シェフが挑戦

サルティンボッカの木村シェフが作った放牧アンガス牛のチマキ(スネ肉)のローストビーフは、笑っ

記事を読む

素材をいかにおいしくするかは技術と知識と感謝だと思うのです

熟成庫で60日を超えた経産牛のリブロースです。経産牛は骨が癒着していて関節に包丁が入りにくか

記事を読む

「安売り」と「お値打ち」は違うのだ。

こんにゃく米で作った糖質オフのリゾット これがおいしい!とにかく涙がでるほどおいしいのだ。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930