*

ランプステーキの焼き方

公開日: : 2012/03/29 ステーキ

P1020444.JPG

赤身肉のステーキといえば、ヒレが最上級の部位だが
お値段も最上級なので、当店ではランプをおすすめしている。

ときどき、自宅で上手にステーキが焼けたらなぁ・・・

なんて嘆きの声を耳にするのだが、じつはテフロン加工のフライパンでも
上手に焼けるのだ。

写真のランプ肉のように、指2本分以上の厚みがある場合は、
中まで味を入れるために、焼く前に軽く塩をしておきます。

霜降り肉の場合は、反り返りを防ぐために、脂と赤身の間にある筋を
包丁で切るのだが、ランプ肉の場合は不要です。

フライパンを火にかけたらバターを大さじ1程度焦げる手前まで溶かします。
そこに肉を入れ、優しく熱が入るよう火を弱めの中火にします。

ランプ肉は、脂が少ないので、バターを入れることで油を補います。
バターを焦がすと、その味が肉に移り、肉が台無しになるのでご注意を。

次に、フライパンを傾け、溜まったバターで茹でるようなイメージで肉を焼き
表面に焼き色がついたらひっくり返し、オリーブオイルを大さじ1程度入れます。

オリーブオイルは温度があがりづらく、ステーキを焼くときに加えると
肉への火の通りが優しくなります。
片面は焼けており、反対側からじっくり火を通すようにします。

反対側も焼けたら、肉を立てて側面にも火を入れます。
仕上げに塩、胡椒をして出来上がりです。

茄子やキノコなど旬の野菜を入れて、付け合わせに焼きます。
肉は野菜の上に置きます。

とまぁ、ここまでやれば、かなりグレードの高いステーキが完成しますが、
私は、熱したフライパンで両面焦げ目をつけ、あとはじっくりと弱火で焼きあげます。

事前の塩コショウはせずに、焼きあげてから、別皿に用意した塩につけて食べます。

どうですか、簡単でしょ(^^)

ぜひお試しください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

強火で一気に火を入れる揚げ焼きは外がカリッとして中はふわふわ

枝肉から骨を外して精肉にするタイミングを聞かれることがあるのですが、私の場合は「水分量」を重

記事を読む

近江牛のタリアータ

昨日に引き続きランプ肉のことを書いてみたい。 私は牛肉に関しては、変態的なところがある

記事を読む

信頼関係が育む、サスティナブルな牛肉づくり

  当店の契約牧場でもある木下牧場との取引は、相対と枝肉にしてからのセリの2

記事を読む

志向と嗜好を兼ね備えた但馬系近江牛「森本繁生号」

本日から発送のサーロインステーキは「森本繁生」という名前の但馬系近江牛です。 格付けは

記事を読む

イチボステーキをバルサミコ酢で

スタッフがパリに行ってきたらしくてお土産をもらった。 なんでも、現地でも入手困難なバルサミ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
湯河原の冨士屋旅館で鹿と猪と近江牛

ある日のこと、際コーポレーションの中島社長から電話がかかってき

肉を触り肉を捌いて

和牛は雌がよい。血統は但馬系がよい。枝肉の右側より左側がよい。

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見るこ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31