*

ランプステーキの焼き方

公開日: : 2012/03/29 ステーキ

P1020444.JPG

赤身肉のステーキといえば、ヒレが最上級の部位だが
お値段も最上級なので、当店ではランプをおすすめしている。

ときどき、自宅で上手にステーキが焼けたらなぁ・・・

なんて嘆きの声を耳にするのだが、じつはテフロン加工のフライパンでも
上手に焼けるのだ。

写真のランプ肉のように、指2本分以上の厚みがある場合は、
中まで味を入れるために、焼く前に軽く塩をしておきます。

霜降り肉の場合は、反り返りを防ぐために、脂と赤身の間にある筋を
包丁で切るのだが、ランプ肉の場合は不要です。

フライパンを火にかけたらバターを大さじ1程度焦げる手前まで溶かします。
そこに肉を入れ、優しく熱が入るよう火を弱めの中火にします。

ランプ肉は、脂が少ないので、バターを入れることで油を補います。
バターを焦がすと、その味が肉に移り、肉が台無しになるのでご注意を。

次に、フライパンを傾け、溜まったバターで茹でるようなイメージで肉を焼き
表面に焼き色がついたらひっくり返し、オリーブオイルを大さじ1程度入れます。

オリーブオイルは温度があがりづらく、ステーキを焼くときに加えると
肉への火の通りが優しくなります。
片面は焼けており、反対側からじっくり火を通すようにします。

反対側も焼けたら、肉を立てて側面にも火を入れます。
仕上げに塩、胡椒をして出来上がりです。

茄子やキノコなど旬の野菜を入れて、付け合わせに焼きます。
肉は野菜の上に置きます。

とまぁ、ここまでやれば、かなりグレードの高いステーキが完成しますが、
私は、熱したフライパンで両面焦げ目をつけ、あとはじっくりと弱火で焼きあげます。

事前の塩コショウはせずに、焼きあげてから、別皿に用意した塩につけて食べます。

どうですか、簡単でしょ(^^)

ぜひお試しください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

塩麹に漬け込んだランプステーキは絶品だった

当店は、業務用の牛肉をメインに卸販売していた時期が長くありました。 しかしながら91年のBSE

記事を読む

牛肉関係者はA5よりA3あたりの肉を食べている

  マーク・シャッカーというカナダ人が書いた「ステーキ!」という本がある。

記事を読む

近江牛のタリアータ

昨日に引き続きランプ肉のことを書いてみたい。 私は牛肉に関しては、変態的なところがある

記事を読む

赤身肉でたんぱく質を摂ってキレイに痩せる

ダイエットやアンチエイジング、健康ブームの影響から 赤身肉がよく売れている。 当店の

記事を読む

近江牛ロースの赤ワインソース、秋の野菜を添えて

魚や野菜には〝旬〟があるが牛肉には旬らしきものはない。 しかし、季節によって売れ筋が変わってくるの

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
脂の溶ける温度、融点が低いからサシ肉がたくさん食べられるということでもないと思うのです

先日のセリで購入した近江牛。いつもはA3狙いで枝肉を選定するの

熊本から馬肉が届きました。初めて知りましたが軽種馬というらしいです

あるシェフから馬肉が手に入らないかと言われて、それなら熊本でし

枝重390kg、20ヶ月齢で出荷の近江牛は僕好みですばらしい肉質だった

先日のセリで落札した近江牛。枝重390kgで20ヶ月齢での出荷

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930