*

赤身和牛食べ比べ試食会

公開日: : 2012/02/19 イベント

P1020311.JPG

15日、16日の2日間は南山dayで、まずは15日の模様から。

昨年から定期的に開催されている、本来の肉牛の在り方を研究する
「人とふる里を育てる放牧畜産研究会」の会議が午後よりはじまり、
京都大学大学院、熊谷准教授がまとめてくれた資料をもとに
肉牛飼育評価システムについて話し合った。

会議のあとは、臨床獣医師、松本大策先生の講演があり、
これから日本の畜産があるべき姿、方向性を松本先生の視点でお話しいたただきました。

内容については、後日まとめて書いてみたいが
私も大いに同感と言うか、無理やりサシを入れて不健康に肥育する日本の畜産について
世界規模の目線で語っていただいた。

講演のあとは、南山はなれにおいて
こちらの「赤身和牛食べ比べ試食会」

当初、10種の食べ比べの予定が、短角、経産を含む黒毛、ホルスタインの若牛など
実に14種(放牧や租飼料飼育含む)をテイスティングできることになり参加者は大いに
盛り上がった。

私は、バックヤードのお手伝いをした関係で、どれがどの肉なのかがわかっていたので
参加せず、ひたすら焼いて食べるだけ。

普段から霜降り肉を好んで食べている方には、少々物足りなかったかも知れないが
赤身肉でも、これほど味が異なるのかと、新しい発見をされた方も多かったのではないだろうか。

私個人の感想としては、どれが1番というものではなく、各生産者の説明を聞いたあとの
試食ということもあって、すべておいしくいただいた。

ただ、包丁の入れ方1つで食感が変わってしまうので、肉の特性を生かしたカッティングを
施す技術をスキルアップする必要は、今後益々高まりそうだ。

赤身肉をよりおいしく食べるには、我々の技術向上も重要になりそうだ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

脂肪が少なく肉本来の味が楽しめる近江長寿牛

今日は予定していたことが早く終わってしまったので昨日の続きを書き上げたのだが なんと誤って

記事を読む

第一回「肉Meets」いよいよ今週に迫りました。

第一回「肉Meets」の料理から、近江牛のテールと田淵農園の冬野菜のスープ[/caption]

記事を読む

【第2回肉Meets】30日熟成させて愛農ナチュラルポークは奇跡の味だった

イルジョットに到着して最初に目に入った光景が先日書いた記事の写真(→クリック) とにかく

記事を読む

ワイナリー和泉屋の新井治彦氏とコラボした近江プレミアム牛を食す会

スペインワインの大家、ワイナリー和泉屋の新井治彦氏とのコラボイベントが先斗町の佐曽羅EAST

記事を読む

肉Meets&肉 MIIKU in 愛と胃袋 親子料理教室

タイトルのどおりですが、日本味育協会さんが99%、肉Meetsが1%の割合で開催された親子料

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
BSEの教訓を活かして

久しぶりにAmazon prime videoで震える牛を観た。BSE

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、本日より販売スタート

サカエヤのお客様は県外の方もたくさんいらっしゃいます。行きたくてもいけ

スペシャルなミンチ販売します

言いたいことは山ほどある。政治、和牛券、保障・・。でもね、いま

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930