*

おいしくするのは執念

公開日: : 2019/06/05 雑記

携帯電話が鳴ると、なんとなく誰だかわかる。今朝、10時に携帯電話が鳴った。中島さん(際コーポレーション)だなと思ったら、やっぱりそうだった。ほぼ毎日電話で話す。たまに会って話すが、最近は肉の話ばかり。中島さんほどの地位になっても現場に入り、肉を触り、僕を質問攻めにする姿勢は奇人変人のなにものでもない。経営者でもありプレイヤーでもある。商売人はこうでなきゃお客様の気持ちなんか分からない。すごい人だわ。

中島さんが以前、僕にこんなことを言った。「新保さんの肉はジビーフであれ近江牛であれ新保さんの肉になるんだよな」

肉を育てる、なんて表現をするとカッコつけた言い方でちょっとイヤですが、例えば近江牛。滋賀で食事すればどこもかしこも近江牛だらけです。観光客もせっかく滋賀に来たんだからと近江牛を食べる。特別おいしくなくてもいい。滋賀で近江牛を食べたという記念になればいい。実際、近江牛という冠だけでどこで食べてもそれほど変わらない。それはなにも滋賀だけの話じゃない。

僕が扱う近江牛はなにも特別なものではありません。どちらかと言えばトップ格付けから外れたものを扱うようにしている。その方が手当てしやすく、手をかけてやればやるほどおいしくなってくれるからだ。

セリで購買するので条件はみな同じ。だったら僕から買う必要はないじゃないか。でもね、僕が手当てした肉はあきらかに味が違う。僕は問屋でもなければ卸屋でもない。経営者としてはまったくダメだが、肉をおいしくすることに関しては執念がある。

妬まれることなんて日常茶飯事。裏切られたことや苦労はすべて財産になった。だからおいしくすることは僕の執念。

発送には、佐川とヤマトを使う。郵便局のトラックはダイハツのHIJETで揺れと冷えがよくない。佐川のトラックはISUZUのELF、ヤマトのトラックは日野のデュトロ。肉によって配送業者を変える。

新保さんは東京に店を出さないのですか。とよく聞かれる。ビジネスが好きじゃないし多店舗展開も性にあわない。だいたいそんな能力もない。

肉をおいしくする。そこにすべてを注ぎます。

写真は、昨夜開催されたうち津さんとのコラボ。

前回、静岡の成生さんで経験しているので、カイノミはマストとして、愛農ポークと近江牛しゃぶしゃぶ、ホソを選んだ。若干の課題はあったもののすばらしかった。次回も決定しているので、そのときはハツやレバー、タンもやりたい。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【謹賀新年】あけましておめでとうございます

昨年は大変な一年でしたが 今年は穏やかに過ごせる良い年にしたいものです。 少しだけ振りかえると

記事を読む

「おいしさ」について

滋賀県で近江牛のおいしい店はどこですか? とにかくよく聞かれる。 当店の近江牛が

記事を読む

日々いろんな肉が入荷してきますがA5もあればC1もありすべてに命がありおいしくなってほしいと願うのです

とある牧場から出荷された近江牛ですがちょっと様子が変です。雌の50カ月齢で経産ですが肉にする

記事を読む

プロの仕事について

真空パックによる牛肉が流通しはじめてから長期保存が可能となった。もちろん真空パックしない肉で

記事を読む

金儲けをしたいのか、中身をキッチリやりたいのか。

マル(シンタマ)はモモの一部ですが、「モモ=赤身」だと思われている方が非常に多くいらっしゃい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31