*

職人、、アルチザン

公開日: : 2019/06/03 店・料理人

職人と呼ばれることにものすごく違和感がある。ウィキペディアにはこう書いている、「職人とは自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである」まぁ、そうなんだが、僕の親戚には屠畜解体や宮大工、左官屋など手に職を持っている人が多い。もうみんなこの世にいないので正しくは過去形の「多かった」だが、幼い頃から叔父さんたちの仕事を見てきた。宮大工の叔父さんは何年も比叡山で寝泊まりしながら寺を修復していた。また違う叔父さんは南禅寺の改築を手がけたりしていた。小学生の頃、お坊さんから君の叔父さんは神様だからね、と言われた。子供心に叔父さんは凄い仕事をする人なんだ、中学しかでていないのに腕一本で勝負すれば神に近づけるんだと思った。

どんな世界にもすごい人がいる。そういう人を知るたびに僕はまだまだ、まだまだ、、そう実感する。たぶん幼い頃から見てきた叔父さんたちの影響が強いんだろう。だから職人と言われるとものすごく違和感がある。まだその域じゃない。肉職人なんて書かれるとやめてくれと思う。いまのところ精肉店店主。

僕は料理人のみなさんと話す機会が多い。何気なく話すひとことが脳を刺激して言葉を追いかける。追いかけて掴んだ言葉をうちの若い子たちに伝える。

料理人もまた職人だと思う。もちろんだれもじゃないけどね。だって料理人はだれでもなれるでしょう。でも、肉を焼いたり切ったりは感性ですからね。土曜日にBS見てたら高良さんがでていた。この人こそアルチザンでしょう。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

石田めん羊牧場さんのマトンをビストロシンバ菊地シェフが料理すると違う世界が広がった

足寄の「石田めん羊牧場」さんへ初めて行ったのは3年前、いや4年前だったかな。石田さんの奥様が

記事を読む

絶滅寸前のアルモリカン牛がパリ16区で公平が精肉にして伊藤シェフが料理するというスペシャルな食事会が開催されることになった

ブルターニュのTrè margat/トレマルガットに人口200人という小さな村にボラン農場は

記事を読む

太田哲雄シェフが作る驚愕のペルー料理

代々木の某サロンへ行くと、まず視界に入ったのは煮込まれた豚バラだった。たくさんの食材がテーブ

記事を読む

近江プレミアム牛のTボーンがあまりにもおいしくて感動した

TPPについてどう思いますか?といった内容の取材を受けた。関税の撤廃により米国などから安価な

記事を読む

ジビーフがつないでくれたご縁は表面的ではない人間の本質的な部分が大きな意味を成しているのです

「生命を知り尽くして、料理して、伝えていくことですかね。また、明日も来ます」中東さんはそう言

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30