*

おいしくするのは執念

公開日: : 2019/06/05 雑記

携帯電話が鳴ると、なんとなく誰だかわかる。今朝、10時に携帯電話が鳴った。中島さん(際コーポレーション)だなと思ったら、やっぱりそうだった。ほぼ毎日電話で話す。たまに会って話すが、最近は肉の話ばかり。中島さんほどの地位になっても現場に入り、肉を触り、僕を質問攻めにする姿勢は奇人変人のなにものでもない。経営者でもありプレイヤーでもある。商売人はこうでなきゃお客様の気持ちなんか分からない。すごい人だわ。

中島さんが以前、僕にこんなことを言った。「新保さんの肉はジビーフであれ近江牛であれ新保さんの肉になるんだよな」

肉を育てる、なんて表現をするとカッコつけた言い方でちょっとイヤですが、例えば近江牛。滋賀で食事すればどこもかしこも近江牛だらけです。観光客もせっかく滋賀に来たんだからと近江牛を食べる。特別おいしくなくてもいい。滋賀で近江牛を食べたという記念になればいい。実際、近江牛という冠だけでどこで食べてもそれほど変わらない。それはなにも滋賀だけの話じゃない。

僕が扱う近江牛はなにも特別なものではありません。どちらかと言えばトップ格付けから外れたものを扱うようにしている。その方が手当てしやすく、手をかけてやればやるほどおいしくなってくれるからだ。

セリで購買するので条件はみな同じ。だったら僕から買う必要はないじゃないか。でもね、僕が手当てした肉はあきらかに味が違う。僕は問屋でもなければ卸屋でもない。経営者としてはまったくダメだが、肉をおいしくすることに関しては執念がある。

妬まれることなんて日常茶飯事。裏切られたことや苦労はすべて財産になった。だからおいしくすることは僕の執念。

発送には、佐川とヤマトを使う。郵便局のトラックはダイハツのHIJETで揺れと冷えがよくない。佐川のトラックはISUZUのELF、ヤマトのトラックは日野のデュトロ。肉によって配送業者を変える。

新保さんは東京に店を出さないのですか。とよく聞かれる。ビジネスが好きじゃないし多店舗展開も性にあわない。だいたいそんな能力もない。

肉をおいしくする。そこにすべてを注ぎます。

写真は、昨夜開催されたうち津さんとのコラボ。

前回、静岡の成生さんで経験しているので、カイノミはマストとして、愛農ポークと近江牛しゃぶしゃぶ、ホソを選んだ。若干の課題はあったもののすばらしかった。次回も決定しているので、そのときはハツやレバー、タンもやりたい。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

霜降り肉と赤身肉の評価が同等になる日

フランスやスコットランド、イタリアでは赤身肉の評価が高い。 アメリカでも霜降り肉は珍重

記事を読む

褒められたい生産者、喜ばれたい生産者

撮影:中塚麿美[/caption]   今日はある雑誌の企画で、さかえや店舗

記事を読む

商品を売るのではなく考え方を売る

いやぁー、便利になったものだ。 10年程前、三重県阿山(現在の伊賀市)のゴルフ場へ出入り(

記事を読む

誤表示に偽装問題、さらにTPPと問題は山積みだが・・・

昨日は、近江牛枝肉共進会が開催された。通常のセリとは異なり、いわばコンテストのようなもの。生

記事を読む

北海道せたな町で生まれ育った放牧豚

2012.11.15産まれの7歳、56産したお母さん豚です。産まれも育ちも北海道せたな町。ロ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031