*

教育について

公開日: : 2019/05/29 コラム

教育について、各方面から聞かれますが、まったくやってません。教えて育てることに興味もなく、日々指示したことをきっちりやってくれればいいと思っています。だいたいが人に何かを教えるのが苦手だし、苦手なことをやる必要性を感じずにここまできましたからね。それでも人が増えてきましたが、、

唯一教えることといえば、礼儀作法と掃除ぐらいです。そこを見れば育った環境もわかるし、その子のレベルもわかりますからね。あとはどうなのかな、、若いスタッフばかりなので時間があれば肉の話をたくさんします。そこからなにを得て身につけるのかはその子の素質。肉の目利きや技術は教えられるもんじゃないのでその子の才能。

ただひとつだけ禁止していることがあります。牧場へ行くな、牛を見るな。移動した距離に満足するだけで何の意味もないです(ジビーフなど例外はあります)牛飼いにでもなるのであれば別だが、肉屋の仕事じゃない。それよりも僕が描くこれからの肉屋は肉を捌けるだけではなく料理ができること。料理ができないと提案ができない。さらに部位ごとの扱い方を世界から学ぶこと。どこにもない肉屋の形、新しい文化を創っていければと考えています。

昨夜は蔓ききょうさんでジビーフのしゃぶしゃぶ。ジビーフはぜったい合わないと思っていたのですがお見事でした。ちょっと衝撃でした。今回は了平が仕込みからお世話になりましたが大切なことです。肉屋では使わない筋肉を使うので勉強になったと思います。

手当て次第で肉は化けます。和牛でも乳牛でも外国の牛でも、雌でも雄でも経産でも、、僕には関係ない。もちろん特有の肉質というものまで否定はしません。それでも、おいしくならない肉はないと思っています。だから肉を知り料理人を知る必要があるのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「適サシ肉」とは適度なサシの肉という意味で脱霜降りではないのです

産経新聞に私のコメントも掲載されていたので少しこの話題に触れたいと思います。 元ネタは

記事を読む

枝肉から捌く醍醐味こそ肉屋のおもしろさ

我々の業界で言うところの「捌き」とは、枝肉から大分割して、さらに中分割したロースやウデ、バラ

記事を読む

熟成肉ブームも落ち着いたかと思いきや地方が熱い

和牛経産のサーロインにビーツとサツマイモ、グロゼイユを合わせたものですが、これが本当に経産牛

記事を読む

技術を教えるよりも礼儀作法と掃除が数年後に大きく成長する基礎となる

たまにですがこんな僕にも取材があったりします。あるライターさんは僕の言葉は文章にしにくいので

記事を読む

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見ることもありますがどうみてもアウト

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている

おいしくするのは執念

携帯電話が鳴ると、なんとなく誰だかわかる。今朝、10時に携帯電

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30