*

育てる

公開日: : 2020/09/22 コラム

サカエヤの採用は23歳まで。最低でも3年は働くことを条件にしています。とは言っても最初の勢いはどこへやら、って子が多いです。いま働いてる大前くんのように、こいつはすぐ辞めるだろうなと思ってた子が意外と続いていたりします。根っこの部分が汚れている子は続かないですね。素直じゃないというか。

僕が若い子を育てる上で大切だと思っていることは基本です。いまどきじゃないかも知れませんが、とにかく基本を大切にしています。人手が足りないからといって、いきなり応用をやらせたらとんでもないことが起こります。技術はもちろんですが、長く仕事するうえでの体力は基本を体に覚えさせることです。いきなり応用から入った子はミスさえも理解できないのです。

サカエヤの若い子たちには、とにかく地味な基本を毎日これでもかと言うくらいやらせています。そろそろ独り立ちさせてもいいかなと思うとまた良くない応用をしてしまう。なので、基本と応用の繰り返しで少しづつ成長していくのです。

画像1

たまに他所の子を預かることがあります。いきなり応用から入った子はサカエヤでは苦労します。1日で根を上げる子もいます。

多くの方が勘違いされていますが、肉は誰でも切れます。見様見真似で塊の肉から筋を引いて(とって)カットすればそれなりの形になります。稀にデタラメなカットが功を奏することもあります。素人が数ヶ月焼肉店で働いただけで独立開店後ブレイクしたような店もあります。だから、なにがヒットするかわからないのです。もちろん長続きするかどうかは別です。

僕は「精肉店」という職業に誇りをもっています。永遠に受け継がれていく仕事だと思っています。だからこそ、基本を身につけてこその応用であり、スポーツ選手と同じような感覚で仕事をしています。

基本に忠実な仕事は、筋の引き方ひとつでおいしさが変わります。繊維を理解したカットとそうじゃないカットでは、これまたおいしさが変わります。鍋にすると灰汁の出方がちがいます。基本は仕事にしっかり反映されます。教育するということが難しい時代ですが、どの世界でも、どの業界でも同じじゃないかな。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉仕事について思うこと、私なりのメッセージ

ギューテロワール ミートカレッジ Leica M monochrom apo-summic

記事を読む

ユッケ、タルタル、生食について

ここ最近、何軒かのレストランで食事したときにメニューに堂々とタルタルがありまして、お店の方に

記事を読む

シェフの好みに合わせた牛肉

シェフとやり取りしながら肉を手当てしていくのですが、毎回悩みます。水分量、脂と赤身の比率、フ

記事を読む

牛と自然、健康について日々思うこと

先週入荷したばかりのジビーフ「じゅうべい」。名ずけ親は京都の「草喰 なかひがし」の大

記事を読む

「適サシ肉」とは適度なサシの肉という意味で脱霜降りではないのです

産経新聞に私のコメントも掲載されていたので少しこの話題に触れたいと思います。 元ネタは

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年5月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031