*

父親間もなく引退

公開日: : 2019/05/09 コラム

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前開発で店がなくなるので渋々引退。16歳から肉一筋でやってきたので引退はしたくないだろう。まだまだやれると僕にアピールしてくるが無理だろう。僕と一緒に仕事したのは3年程度。もし今も一緒に仕事していたらもっと早く引退させていただろう。

風のように骨を抜く、風のように筋を引く。ものすごいスピードで正確に肉を切る。若かりし頃の父親は凄かった。絶対勝てないと思った。でも老いてしまった。僕もいずれそうなる。枝肉を扱う以上、肉屋の仕事は力仕事。数か月前も腸が破れて緊急入院した。退院した翌日には仕事している父親の姿があった。

肉屋しかできない。なんの趣味もない。さてどうしたものか。引退後はうちの店でコロッケでも作ってもらおうかと考えている。死ぬまで肉の香りの中にいたいだろう。

先のプロフェッショナル仕事の流儀。じつは父親にインタビューさせてほしいと何度も言われた。うちの父親は無口どころじゃない。なにもしゃべらない。その代わり茶髪でパンチパーマの母親が父親の100倍しゃべる。結局実現しなかったが、もしでていたらどんな感じになっていたのか・・・

テレビを見て電話が鳴りやまない。注文やら営業の電話やら、さすがに取引の電話は少ない。僕のイメージが悪かったからだろう(笑)

でも、番組を見て若者が一人でも肉屋に憧れ飲食店に興味を持ってくれればうれしい。それとある方にこう言われた。親孝行だぞ、、、と。遊ばせるとボケてしまうので9月からうちでコロッケでも作ってもらおうかなと思ったり。中学卒業して熊本から集団就職で京都に。それからずっと肉屋。最初の仕事がコロッケ作りだったそうだ。人生最後の仕事もコロッケで終わらせたい。まだまだ死にそうにないけど

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どんなにいい肉であっても職人の技がなければどうしようもない

写真のランプは個体情報が示す通り、昨年の11月10日にと畜後、同月19日に当店に入荷

記事を読む

牛肉はなぜアクがでるのか、肉屋的な見解というか僕の見解

中古で買って25年くら経ったかな。肉屋が中古のスラーサーを買う場合、ほぼ100%倒産した同業

記事を読む

ユッケ、タルタル、生食について

ここ最近、何軒かのレストランで食事したときにメニューに堂々とタルタルがありまして、お店の方に

記事を読む

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。失神した牛は巨体を揺らしながら

記事を読む

欧州牛は現地で食べるのと日本で食べるのとでは味が違う

フランスの話しに戻りますが、子供のころから和牛で育った私には、どうしても欧州の牛肉は物足りな

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031