*

ジビーフ、愛農ナチュラルポーク販売しています

今回入荷のジビーフから有機JAS認定牛となります。認定されたから何かが変わるということなく、いままでもこれからもジビーフはジビーフであり、自然に逆らわずに希望する方にお届けできるように地道にやっていければと思っています。まだまだ頭数が少なく叶わないことばかりですが、少しだけ一般販売が可能な商品ができましたのでご案内させていただきます。(→クリック

愛農ナチュラルポークも販売開始しましたので、ご一緒にお買い求めください。(→クリック

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークのベーコン販売開始

愛農ナチュラルポークでパテを作ってみたのですが脂が固まらなくて・・・ そういいながらも自

記事を読む

想いの連鎖がおいしい一皿をつくると僕は思っています

28日に放送された「食彩の王国」、内容が気になっていたのですがYouTubeで見ることができ

記事を読む

本日午前0時10分~NHKにて《ジビーフ》午前0時40分まで

2年前になるだろうか、北海道様似の駒谷牧場(西川奈緒子さん)と出会ったのは1通の手紙からだっ

記事を読む

ジビーフはまったく新しい赤身肉の分野

フランスから帰国直後に赤身肉を探し回ってたのですが思うような肉が見つからなくて... 

記事を読む

ジビーフ『ヤックン(No 8189)』は3年前の出荷時に逃げ出したお母さん牛の子供だった

牛は群れで行動するので出荷のときは全員移動で大変なのです。 2

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
琉球大学農学部で育ったあか牛が石垣島からやってきた

琉球大学農学部が石垣島で育てたあか牛がふたたび入荷してきました

肉は生産者や餌、血統も大事だがもっとも重要なのは保存

放牧牛2種。 8/24屠畜のジビーフ(たいち)と8/27屠畜

東海大学 草原あか牛”eco-beef”ASO 経産牛セミナー

東海大学農学部では、阿蘇地域の風土・文化特性を活かした肉用

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031