*

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

公開日: : 2017/12/08 イベント

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもいて、マッキー牧元さんもいて・・・となればブラウンスイス牛の会をやりましょうと言うことになり、なんとも気の毒に定休日の徳山さんを開けていただき、口の合う仲間が集まったのでした。焼きはイルジョットの高橋シェフでお店を休んで参加です。お店を休んでまで参加する価値は十分にありますし、なによりもすごく勉強になることばかり。そして人が人を呼ぶので、こういうコミニュティがこれからは重要なのかなと感じた次第です。

ちょうど30日目となるブラウンスイス牛の「スズメ」ちゃんです。骨付きでLボーンにカットしました。強火でガツンと焼く高橋シェフの本領発揮に参加者一同「うまい!」を連発したのでした。

ウチヒラも用意したのですが、ちょっと多いかなという気もしたので、少しだけ乳かぶと混ぜて粗挽きに。吉田さんのチーズを混ぜて作ったハンバーグが絶品でした。

まだまだ、料理は続きますが、1年前はまさか私がブラウンスイス牛を扱うとは思いもよりませんでした。吉田さんとの出会いがあり、共感できる部分があり、そしてなによりもおもしろくて楽しいという共通項がこの日に繋がったのだと思います。人、人、人・・・どこまでいっても最終的に人ありきですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークお披露目会 募集開始

三重県の伊賀市に日本で唯一の私立の農業高校がある。 あまり知られていないその高校は、愛農学

記事を読む

2012年度(平成24年度)近畿地域マッチングフォーラム

11月13日(火)~14日(水)の2日間、農研機構の2012年度近畿地域マッチングフォーラムが キ

記事を読む

A2ヒレ肉のココット焼きは悶絶寸前の境地に

A5の肉は作れてもA2は難しいなぁ... 畜産の世界では、昔から雌で未経産の牛がおいし

記事を読む

近江プレミアム牛にジビーフに愛農ナチュラルポークなどなど

ジビーフ『やい子』の枝肉を吊るして30日が経過しました。かなり水分が多いので乾燥させながら水

記事を読む

肉Meets in プレーゴ藤吉

プレーゴ藤吉にて初の肉Meetsを開催させていただきました。滋賀から京都へ移転されて1年が経ちました

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生食について思うこといろいろ

定期的にアップしているのですが、外食先でタルタルを見かけること

eco-beef project in サカエヤ

熊本の東海大学農学部が今年から立ち上げた「草原あか牛eco-b

愛農ナチュラルポークの骨抜き研修中

毎週木曜日はセジールのランチが休みなので、今年の4月から入社し

→もっと見る

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031