*

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

公開日: : 2017/12/08 イベント

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもいて、マッキー牧元さんもいて・・・となればブラウンスイス牛の会をやりましょうと言うことになり、なんとも気の毒に定休日の徳山さんを開けていただき、口の合う仲間が集まったのでした。焼きはイルジョットの高橋シェフでお店を休んで参加です。お店を休んでまで参加する価値は十分にありますし、なによりもすごく勉強になることばかり。そして人が人を呼ぶので、こういうコミニュティがこれからは重要なのかなと感じた次第です。

ちょうど30日目となるブラウンスイス牛の「スズメ」ちゃんです。骨付きでLボーンにカットしました。強火でガツンと焼く高橋シェフの本領発揮に参加者一同「うまい!」を連発したのでした。

ウチヒラも用意したのですが、ちょっと多いかなという気もしたので、少しだけ乳かぶと混ぜて粗挽きに。吉田さんのチーズを混ぜて作ったハンバーグが絶品でした。

まだまだ、料理は続きますが、1年前はまさか私がブラウンスイス牛を扱うとは思いもよりませんでした。吉田さんとの出会いがあり、共感できる部分があり、そしてなによりもおもしろくて楽しいという共通項がこの日に繋がったのだと思います。人、人、人・・・どこまでいっても最終的に人ありきですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第一回 肉Meetsは料理人と参加者の笑顔で無事終了

記念すべき第一回目となる【肉Meets】は、大いに盛り上がり参加者皆さんの素敵な笑顔で無事終

記事を読む

【第2回肉Meets】みずほキャビアはマイルドなおいしさだった

島根県邑南町の豊かな町でチョウザメ養殖。本来の味にこだわった極上のフレッシュ・キャビア[/capt

記事を読む

愛農ナチュラルポークのお披露目会メニューが決まりました

12月6日(木)開催の愛農ナチュラルポークお披露目会のメニューの打ち合わせで サルティンボ

記事を読む

牛肉の価値を再構築する

農研機構の近畿地域マッチングフォーラムと日本産肉研究会の第10回学術集会が 14日と15日

記事を読む

近江プレミアム牛と完全放牧野生牛が同時に味わえます

1月28日に開催された肉Meets in レストラン愛と胃袋では完全放牧野生牛の内臓を食べ尽

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

肉をおいしくするには庫内環境と呼吸です

10日前に入荷したジビーフ(台風直後の地震でしたがジビーフ72

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30