*

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイス牛の話しがでていますが、もし、私がジビーフを扱っていなかったらブラウンスイス牛を扱う可能性は極めて低かったと思います。急な勾配を行き来するため筋肉質でしかも牧草が主体なため水分が多い。和牛のようにしっかりした肉質ではなので扱いが難しく、ビジネスには不向きな肉だと言えます。ジビーフやブラウンスイス牛と比べれば和牛はなんて扱いやすいのかとつくづく思うのです。だからこそしっかりとした手当てが必要なのです。

じゃーなぜ私はビジネスに不向きな肉を扱うのか、実は儲かるような何かがあるんじゃないか、なーんて思っている人がもしかしたらいるかも知れません。ハッキリ言いますが、まったく儲かりませんし、手間ばかりかかります。だから誰もやらないのだと思いますが、私もなぜやっているのか理由なんて考えたことがないですし、唯一あげるとすれば、そこに集まってくる人たちが楽しいからなんですね。もともとは吉田牧場さんへ友人たち10名ほどで遊びに行って、そのときにブラウンスイス牛をお肉にする話がでたのですが(そのあたりのことは料理王国をお読みください)私一人ではなく、吉田牧場さんにそのときいた人とその友人、その友人の友人、そのまた友人・・といったふうに1つのコミュニティができるのです。そこでする情報交換は質が高く信用できるものばかり。だから真っ当に広がっていくのだと思うのです。

一昨日は滋賀の余呉ある徳山酢さんでブラウンスイス牛を食べる会が行われました。料理人含め、食に関係する仕事をしている方ばかり。こういう方たちが支えてくれるからジビーフもブラウンスイス牛も少しだけですが日の目があたるのだと思います。そうでなければ、牛も僕も辛い(笑)

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

岡山県蒜山のジャージー牛とジビーフ

※飲食店の方へ 岡山県蒜山のジャージー牛(去勢:24か月齢)40日熟成が2頭仕上がって

記事を読む

ブラウンスイス牛を食べる会inイルジョット

ついこの間のジビーフたち。奈緒子さんから写真が送られてきたときガトーショコラかと思った。さて

記事を読む

DUMASの肉会はすばらしかった!そして、ジビーフと愛農ナチュラルポークの入荷情報

愛農ナチュラルポークのウデ肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ 中之島ダイビルのDUMAS

記事を読む

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

ジビーフ入荷!12歳の経産牛とは思えないすばらしい肉質にうっとり

今年最後のジビーフが入荷してきました。12歳の雌牛ですがいわゆる経産でして肉色は濃く

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031