*

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイス牛の話しがでていますが、もし、私がジビーフを扱っていなかったらブラウンスイス牛を扱う可能性は極めて低かったと思います。急な勾配を行き来するため筋肉質でしかも牧草が主体なため水分が多い。和牛のようにしっかりした肉質ではなので扱いが難しく、ビジネスには不向きな肉だと言えます。ジビーフやブラウンスイス牛と比べれば和牛はなんて扱いやすいのかとつくづく思うのです。だからこそしっかりとした手当てが必要なのです。

じゃーなぜ私はビジネスに不向きな肉を扱うのか、実は儲かるような何かがあるんじゃないか、なーんて思っている人がもしかしたらいるかも知れません。ハッキリ言いますが、まったく儲かりませんし、手間ばかりかかります。だから誰もやらないのだと思いますが、私もなぜやっているのか理由なんて考えたことがないですし、唯一あげるとすれば、そこに集まってくる人たちが楽しいからなんですね。もともとは吉田牧場さんへ友人たち10名ほどで遊びに行って、そのときにブラウンスイス牛をお肉にする話がでたのですが(そのあたりのことは料理王国をお読みください)私一人ではなく、吉田牧場さんにそのときいた人とその友人、その友人の友人、そのまた友人・・といったふうに1つのコミュニティができるのです。そこでする情報交換は質が高く信用できるものばかり。だから真っ当に広がっていくのだと思うのです。

一昨日は滋賀の余呉ある徳山酢さんでブラウンスイス牛を食べる会が行われました。料理人含め、食に関係する仕事をしている方ばかり。こういう方たちが支えてくれるからジビーフもブラウンスイス牛も少しだけですが日の目があたるのだと思います。そうでなければ、牛も僕も辛い(笑)

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ『ヤックン(No 8189)』は3年前の出荷時に逃げ出したお母さん牛の子供だった

牛は群れで行動するので出荷のときは全員移動で大変なのです。 2

記事を読む

次回のGibieef再販が連休明けです

3月に北海道様似の西川さんちでご馳走になったGibieef(完全放牧野生牛)のハンバーグは、

記事を読む

旨い肉について

「旨い肉」について質問された。生産者も問屋も精肉店も血統、格付け、品種(黒毛和牛とか短角牛と

記事を読む

ジビーフ「五日市さん」最後の肩ロースは見事なまでに肉質が変わりました

9月30日にと畜したジビーフ「五日市さん」ですが、各部位いろんなシェフの方に使っていただき、本日

記事を読む

5月20日NHK「NEXT」にてジビーフ特集

5月20日(水)深夜0:10~ NHKの『NEXT』にて約30分間ジビーフが放送されます。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30